株式会社パーソナルクレド舎

天から与えられた使命を生きる。

何かしていないと不安になってしまう、本当の原因とは
(2019/7/20)

友達が活躍している姿に、心がざわざわしたことはありますか?

 

何も予定の無い空白の時間があると罪悪感を感じたことは?

 

そもそも仕事以外に、自分が何をしたらいいのがわからない・・

 

なんとなくPCやスマホを眺めているうちに、貴重な休日が終わってしまう。

そして、そんな自分を責めたくなる・・・。

 

そんな頑張り過ぎのあなたへの処方箋をお届けします。

 

※過去のバックナンバーですが、今必要な気がしたので再度お届けしますね。

 

自分の神話塾を受講中のITコンサルタントのAさんがコミュニティでシェアして下さった想い、

許可をいただいて掲載します。

 

・・・・・・・

 

昔からずっと忙しく生きてきた理由は、「何もしないことへの恐怖」があったからだと気がつきました。

「何かしていなければならない」、「役に立っていなければならない」、という呪縛が強く、

何事にも必要以上に頑張りすぎる癖がついて暴走してきましたが、

このタイミングでようやく、何もしない自分を、少しずつ受け入れられるようになってきた気がします。

 
今までずっと、好きなことや夢中になれることをたくさんやってきたはずなのに、

意外と、何もしたいことがないという自分に出会ってしまい驚いています

なにごともほどほどに楽しむことはできます。

でも、今あるどんなことも、命がけでしたいか?と言われるとそんな感じがしないのです。

何もしたいことがないってとてもさみしいです。

 

・・・・・

 

「何もしないことへの恐怖」あなたも思い当たりませんか?

 

この、「何もしないことへの恐怖」は、あるがまま、裸でむき出しの自分を信頼できていないことの投影。

 

スケジュールが先々までいっぱいの自分じゃないと

 

社会に役に立っている自分じゃないと!

 

第一線で活躍している自分じゃないと!

 

人に必要とされる自分じゃないと・・・

ダメ!

 

どこかでそう感じている方の多くは、自分にも他人にも、無意識に人の価値に条件を設定しながら生きてきた方。

 

小さい頃から優等生だったり、負けず嫌いのがんばり屋さんで、周囲から、すごいねって言われることに慣れてきた人。

 

すごいねと言われることが当たり前になると、その反対の状況に陥りそうな時、猛烈な無価値観を感じるんですね。

何もしない自分や、何もできない自分は許されないわけで、自分に鞭打ちながら、頑張ってしまう。

やりたい、とか、好き、よりも、認めてもらうことが優先。

 

子供の頃の純粋な頑張りとは違って、そこにはマイナスのエネルギーがうずまいています。

 

もっと私を見て! もっと認めて!

 

だから頑張っても頑張っても、満たされないし、頑張れば頑張るほど、空回りしてうまくいかなくなる。

 

他人と比べて、他人がうらやましくなって、じたばたと何かせずにはいられなくなるのです。

 

そこには、トラウマだのブロックだのなんてないの。

 

あるのは、実は、ただの「甘え」・・・なんですね。

 

本来、全ての命には価値がある。天から許されてこの地上にいる。

本当は特別な存在にならずとも、大活躍なんてしなくても、人は生きているだけで価値がある。

世界は美しく価値があり、その世界の一員である自分も同じように美しく価値がある。

 

なのに、その自分を自分が認められないから、自分の代わりに、人にそれをやってもらおうとしているのね。

無意識に。 

 

「甘え」なんて言葉から最も遠くにいるようながんばり屋で、人に甘えることができない人が、無意識の世界では実は一番人に甘えているという事実・・。

 

複雑ですね。

 

これ、私がまさにそういう自分だったからなのですが・・・。

 

大きな組織の中で守られてバリバリやってきた人が、いざ自分でビジネスをしようとする時に、そんな自分に出会ったりすると大変です。

 

これまでに自分自身ではなく他人に自分を評価させることに慣れきっているために、

 

いつまでもそこに甘えて、ずぶずぶと、他人の神話の中で溺れかけてしまう・・。

 

自立していると思っていたのに、ちっとも一人で立てていない自分を認められない。

 

あっぷあっぷしながらも、ばたばたと何かをせずにはいられない。。。

 

 

そんな甘えた自分、溺れた自分を救出できるのは他の誰でもない、自分だけなのです。

 

自らが周囲に褒めてもらおうという甘えを断ち切って、自らが自分を認めてあげるしかないのです。

 

苦しいと感じますか? さみしいと感じますか?

 
でもね、その感情に気づいたならば、そのあなたはあなたを救えるはずなのです。

 

実は冒頭のAさんの、「何もしたいことがないってとてもさみしいです」の後には続きがあります。

 

・・・・・

 

何もしたいことがないってとてもさみしいです。でも、いまのわたしにたぶん必要な感情なのかもしれません。

 

いまのわたしにできることをやっていればその感情の意味にやがて気づけると信じて、朝ごはんを感謝の気持ちでいただきました。

 

理由はないけれど、静かな、幸せな気持ちが湧いてきます。

 

・・・・・・

 
ここにたどり着くと全然違うんだよね。

 

Aさんのように、自分の感情を評価判断せずにまるまる受け止める覚悟ができると、あるがままの自分を認められるようになってくる。

 

全ての感情は自分にとって必要なものなんだとわかる。

 

そうやって日々をすごすと・・・、理由や条件などなくても、幸せを感じる自分がいることに、深いところで気づくのです。

 

自分という存在は、何もしなくとも「ただ在る」だけで幸せなのだ。

 

そこが原点。

 

そこにたどり着き、肩の力が抜けた時、生まれ持った人生の目的を生きる本来の自分が目覚め、天に使ってもらえる準備が整います。

 

必死に何かしようと、自分に鞭を打たなくっても、自分らしく自然に道が開けていくのです。

 

 

人生って本当に「思い通り」には行かない。けれど、それも含めてすべてが「本当の想いの通り」になるのですよね。

 

・・・・

 

甘えを断ち切って、本当の自分を生きたいと願う方。

Aさんのように深い部分に幸せな気づきが湧き上がる自分を取り戻したい方、人と比べるのではなく自分はこれでいいんだ、と突きぬけた気持ちで使命をまっとうしたい方。

【自分の神話塾】でお待ちしていますね。

http://www.jibunnoshinwa.com/?page_id=2845

 

 

 

●無料メールマガジン

※メルマガの内容はリンクをクリックするとごらんいただけます。そちらの画面からの登録も可能です。

※携帯メールのアドレスは、文字化けや途中で切れてしまう可能性がありますので、PCまたはスマートフォンからの登録をオススメします。

文字化けや切れてしまったメールの個別配信はしておりません。

 

から与えられた使命を生きる 自分の神話の歩き方無料メールマガジン(のむ子) 

【自分の神話の歩き方】無料メールマガジン

メールアドレス  お名前(姓名)  

 

優しい悟りにいたるための「問い気づき」無料メールマガジン(浩志)

優しい悟りにいたるための「問い気づき」 無料メールマガジン

メールアドレス  お名前(姓名)  

 

 

自分の神話の法則 10日間無料メール講座(のむ子)

人生を「自分の神話」にするための無料メール講座

使命について、宇宙やブループリントについて、本来の自分やそれを付き動かす潜在意識などついて、10日間で学べるメール講座

?【自分の神話の法則】10日間無料メール講座 

メールアドレス  お名前(姓名)