天から与えられた使命を生きる 【自分の神話の歩き方】 無料メール講座

メールアドレス  お名前(姓名)  

天から与えられた使命を生きる。

「人として、生きていく」ことに気づいた 自分の神話塾でした。
(2014/9/15)

自分の神話塾の受講が終わり、 一つの季節が過ぎようとしています。  

私の生活は、以前と変わりないように見えます。
だけど、心の在り方が大きく変化しました。  

 

受講理由は「なんとなく」でした。

 「なんとなく」という理由で受講するには
とてもありえない距離と交通機関と費用がかかってます。  

それでも受講したかったのです。  

 

なぜなら、 生きる意味がわからなかったから。    

 

死ぬことが決まっているのに、 何故、毎日ご飯を食べて、
お仕事して、寝て、起きてを繰り返すのだろう?    

 

楽しくワクワクしていたいのに、 できないんだろう?

辛いこと大変な事ってなくならないの?  

自分の子供が同じことを問いかけてきた時、

 

「生きることが大事なんだよ。
幸せになるために生きればいいじゃない!? 」

と 答えていたにもかかわらず!  

人生の黄昏期といわれている年代に入ってきて、
焦っているといえばそうだし、諦めているっても言えるし・・・  

 

生きてきて何が残っているの?って  

今の生活に不自由はないけど、 満たされない自分がいました。    

 

自分の神話塾を受講して、 自分を見つめなおしたりしているうちに、
徐々に「生きる事」に自分の方向がでてきました。    

 

過去をひも解いても事実は変わらないけど、
そこから修正するキーワードを発見し、

 

先の事を考えてもわからないけど、
自分の気持ちに気づくことができました。  

 

それは、「今!」自分がどうあるか?

 

  何になりたいのか?という事も大事なんだと思うけど、

「何かになる」という前に、

「人として、どういう人でありたいのか?」  

このように自分が考えられた事、腑に落ちた事、

それが大きな変化「収穫」!!!

 

 

私にとって「生きる」ことは、大事。  

そして「人として、生きていく」ことに気づいた
自分の神話塾でした。    

なぁんか、大それた文になっちゃった(>_<)

  こんな風に毎日意識したいけど、
「人間だもの」どっかいっちゃたりするの。  

 

 

そんな時には、

自分のパーソナルクレド&シンボルを思い出して、

眺めて復活(^^)v    

ナビゲートして下さったのむ子さんの 根気良さが有り難く、

 

一緒のチームメートの関わりの中で
自分を見捨てずに済んだことに感謝です。

  のむ子さん・みなさん、ありがとうございました。  

40代 女性 山形県在住 看護師

 

・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

自分の神話塾 最新情報はこちらです