天から与えられた使命を生きる 【自分の神話の歩き方】 無料メール講座

メールアドレス  お名前(姓名)  

天から与えられた使命を生きる。

本当は何をしたいのか、最高潮に悩んでました。
(2016/3/16)

ちょうど1年前の今頃、

私は自分が本当は何をしたいのか、最高潮に悩んでました。

 

9年間、自分のパワーのほとんどを注いで熱中してきた

大好きな仕事でも

「あの頃は夢中で楽しかったな〜」なんて

「数年前の自分」を今の自分が羨ましがっているのに気づいて、

愕然としました。

 

過去の自分を越えていきたい。

けど、イマイチ今までの経験や自分を生かし切れず、

もんもんとする日々。

 

そんな時に、出会ったのが、のむ子さんです。

 

のむ子さんは、ただただ、ありのままの自分で生きるため、

感性を開くための、知恵や方法をたくさん教えてくれました。

・五感を味わい日々の生活を豊かに生きること

・いい悪いとジャッジしたり、意味を分析しすぎるのをやめること

・他人の価値観と自分の価値観の整理

・過去の自分の経験の棚卸

・色んな瞑想の方法

などなど。

 

かつては「帰宅後1日に10分はゆっくりする時間をもつ」のが目標。

連日徹夜して男性からも鉄人と呼ばれた私。

 

いかにはやく状況を的確に把握し、原因を分析して、適切な判断が

できるか、を頑張ってた私からすると、最初は??でしたが、

徐々に、自分の心が何を感じているのか、

ということに深く向き合うようになりました。

 

ーーーーーーーーーー

 

それからしばらくして、私は最終的に退職をしましたが、

私の確かな居場所だった会社を辞めると決めるまでは、

書きつくせないくらい迷ったし、怖かった。

 

本当に辞めたいのかな、とか。

32歳・女。。。転職できるのかな、とか。

生活に困ったらカッコ悪い、とか。

だったらまだここでやれることがあるんじゃないかと、

 

世間を気にしたり、損得を天秤にかけたり。

また、それ以上に深い部分で、

母子家庭で育ててくれた母を私が幸せにしなきゃ、

頑張って愛されなきゃ、という幼少期から無意識に染みついた

思考の癖。

 

私にとって、頑張るということは、

何か自分に足りないものを補うことであり、

愛されるために必要不可欠なことだったのかもしれません。

 

だからこそ、がむしゃらに頑張るのをやめることは、

多分これまでの人生で一番、勇気を出したかもしれません。

給料はなくなり、キャリアもリセットされましたが、

それでも尚、今、私が幸せなのは、

損得勘定や、母のためというエゴを、恐る恐る手放し

「自分は本当はどう生きたいのか」を、自分の心で決めて、

一歩だけ前に進んだからだと思います。

 

そしてこれだけ苦しみながらも前に進めたのは、

中途半端じゃなく、最高の仲間とやりきったと思えるくらい

がむしゃらに頑張る過去の自分がいたからだと思います。

 

「私は、一生をかけて、自分の気持ちに正直な人生を生きる」

出た答えは、何か特別な何かになるのではなく、

こう生きたいという私の想いでした。

 

頑張りたい気持ちが空回りしてしまう人、

もういらなくなった価値観にしばられて

自分の気持ちがよくわからなってる人、

今苦しくても、1つの通過点だからきっと大丈夫です。

〜自分への決意&
本当の自分に出会わせてくれたのむ子さんへ感謝を込めて❤️〜

 

30代 都内在住 営業職(現在はフリー) 

・・・・・・・・・・・・・

 

ありがとうございます。自分の神話塾の最新情報はこちらです。