天から与えられた使命を生きる 【自分の神話の歩き方】 無料メール講座

メールアドレス  お名前(姓名)  

天から与えられた使命を生きる。

いつもどこかに「お金を一円も生み出せない」ことへの 劣等感がありました。
(2016/5/26)

グループセッションを受けて一晩あけました。

今の時点での感想を送らせ(贈らせ)ていただきます。

 

その日は湿った海風の強い日でした。

最近では珍しく心臓がバクバクし、

手が震えるほど緊張していたのですが、

 

不思議と嫌な感じではなく気持ちを

そのままを受け止めることができました。

 

私は群馬県で専業主婦をしておりますが

いつもどこかに「お金を一円も生み出せない」ことへの

劣等感がありました。

 

子育ては前からやりたかったことなので

自分としては精一杯取り組んできたつもりです。

「答えはあなたの中に(すでに)ある」

「あなたはあなたの選んだ道を行けばいい」

「必要な時はいつでも応援するからね」

子どもと適度な距離感を保ちながらこんなふうに子育てをしてきました。

 

この日のセッションでは

自分がしてきた子育てを

一日に凝縮してのむ子さんにしていただいた、

そんな気がしています。

 

子育ての目標は最終的に一人で生きていけること…

私も一人でいいんだ、

誰に頼らなくても何にすがらなくても大丈夫、

そんなことも数秘によって裏付けされました。

 

さらにコラージュで

「もう準備は十分できているよ」と背中を押してもらい、

瞑想では体にエネルギーをみなぎらせ、

ハイヤーセルフから大きなギフトをいただく

こともできました。

 

のむ子さんのお話のテンポがちょうど良く、

10時間があっという間に過ぎていきました。

 

今「設定」という言葉がとても印象深く残っています。

これからまたいろいろな思いが湧いてくると思いますが

「設定」をどう色付けしていくかは

すべて自分にゆだねられているのですね。

 

天に信頼していただき、

すべてをゆだねられている…

ならば私はその信頼に応えて生きていきたいです。

分かち合いができたTちゃん、

同じ時間を過ごすことができたKさん、Hさん、Mさん、

Eさんありがとうございました。

しらす丼おいしかったですね。

 

そして、私に勇気をくださったのむ子さん、

ありがとうございました。

 

心から湧いてくる感謝の気持ちは、

日々の生活を大切に過ごすことで表現し続けてきます。

 

ベストなタイミングでこの日を迎えられたこと、

ほんとうに嬉しく思っています。

 

そして、同じ時間を過ごした5人の方々も

それぞれ羽ばたいていかれると確信しています。

 

 

40代 女性 主婦

 

・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。使命をひもとくグループセッション最新情報はこちらです。