天から与えられた使命を生きる 【自分の神話の歩き方】 無料メール講座

メールアドレス  お名前(姓名)  

天から与えられた使命を生きる。

【優しい悟り/問い気づき】優しい悟りは生きかたの選択肢のひとつ(後編)
(2017/2/7)

こんにちは冨永ひろしです。

 

前回のメルマガで、

真の悟りは引寄せの法則すら超越しています。

と書きました。

http://www.jibunnoshinwa.com/?p=6529

 

仏陀が到達した「真の悟り」は、無我、真我であり、 

至福、ワンネス、これがずっと続いている状態で、 

引き寄せの法則すら超越しています。

 

しかし、悟りたいという思いで、 

厳しい修行をしたり、禅の教えを一生懸命学んでも、

実際に真の悟りにいたる人は少ないように思えます。

 

必死に修行を重ねても悟れない人、

これは悟りたい(=現状悟れていないという心の状態)という思いが、

引き寄せの法則により未来に反映されてしまうから中々悟れません。

 

 

この「真の悟り」までは、中々到達するのが難しそうですが、

「優しい悟り」までは普通の人でも到達できると思います。

 

 イチローやスティーブジョブスや松下幸之助など、

一流の野球選手や経営者やはたまた芸術家は、

自然と悟りの領域までいっているものと思われます。

 

松下幸之助は、「宇宙とつながって生きる」。

「宇宙に反しない経営をしていく」。などと言っています。

 

 

エゴが無く、世間の常識で無く、本質で生きている。

使命にひたすら打ち込んでいる。

 

宇宙や神様から応援された状態であると思われます。

 

そら 

 

けれど、

有名で特別な人で無くても、

田舎で農業を営んでいる人や、街中のビジネスマンなど、

普通の人の中にも悟っているなと思える人たちもいます。

 

その人たちの特徴を観てみました。

 

前述した有名な悟っている人たちは、

エゴが無く、世間の常識で無く、本質で生きている。

 

使命にひたすら打ち込んでいる状態です。

 

 

有名でなくとも、悟っている人は

 

この特徴にプラスして、

もう十分足りている。ありがたいと思えている。

だから自分探しなどしなくても、

 

導かれて、結果使命にいきついているのではないでしょうか。

 

 

十分足りている、ありがたいと思える。

そういう状態だと使命へ自然と導かれていきます。

 

 

悟っている人は感性が豊かです。

理性に流されがちな世の中で、感性の大切さを知っています。

 

感性が豊かだと幸せを感じることができる。

理性では幸せを感じることができないのです。

 

感性が人間にとって基本であり、

理性はコミュニケーションのためなど

手段能力として最低限使っていけばいいのです。

 

 

優しい悟りとは、本質や原理原則に則っていきていくこと。

心地よさや幸せを味わっていく。

 

そうなっていくために私がオススメしているのは、

「思考を減らし本当の自分と繋がっていく瞑想」です。

 

瞑想をツールとして活用し、思考がでてきたらただ気づいて観てみる。

そうすると自然に思考が減っていきます。

 

 

そして内なる本当の自分と繋がっていく。

仲良くして、問いかけ会話をしていく。

 

そうするとふっと本質に気づいていきます。

 

 

静けさや心地よさを積極的に味わっていくことにより、

感性が増していき、

今ここにある幸せを感じることができてきます。

 

幸せは未来に求めるのでは無く、

今ここにあるということに気づいたもの勝ちです。

 

それがより一層幸せな状態を引き寄せてくる。

 

自分の性格や習慣、他人との関係性など、恣意的に変えようとしなくても、

望むように自然と変化していきます。

 

神様や宇宙など大いなる力に応援された状態になっていく。

人の縁や物事など必要なものだけ引き寄せて、自然と使命で生きている。

 

行きつ戻りつはしますが、安心感、絶対大丈夫な感覚になってきます。

 

そのままの自分にOKしている。十分足りていることを知る。

あるがまま、どっちでもいい。という感覚です。

 

 

前回の講座参加者からいただいた感想です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私の中で、一番、大きかったことは、

「悟りって特別なことではないですよ」と

あっさり普通に伝えて下さったことです。

 

今まで、見聞きしてきた情報では、

「悟りとは、言葉では説明できない世界なので、その境地に至った人にしか分からない世界」

「本当に悟った人は、自分が悟ったとは言わないものだ」

「その境地に至るまでには、自分の汚い部分に向き合う必要があり、苦痛を伴う」

「壮絶な体験をした後に、その境地に至った」等、

 

興味はあるけど、そうまでして、何のために…?

何か特別な使命があって選ばれた人だけが悟るものなのかしら?

神秘のベールに包まれていて、特別で高尚なこと?

などと思っておりました。

 

しかし、冨永さんが推奨されている「優しい悟り」というのは、

あくまでも、生き方の選択肢の一つであること、

そして、それは、誰でも選択可能であり、とてもシンプルであることを

良い意味でふつうの冨永さんが、ふつうに分かりやすく伝えて下さったことにより、

私が勝手に創り上げてきた悟りへのイメージが、あっさり消えていった気がいたしました。

 

そして、超思考優位人間の私は、瞑想は座ることだけでも苦痛で、

今世では雑念が消えそうにもないとあきらめていたのですが、

不思議なシンギングボウルの音色とともに、6種類もの瞑想をご紹介いただき、

「心地よさを優先し、好きな時に、好きな瞑想を、自由なスタイルで楽しむことがコツ」

「幸せに気付いたもんがちだ」とアドバイスいただき、

それなら、私もやってみようかなと思うことができました。

 

最後に、自分を満たし、心地よくあるための手段としての「優しい悟り」の状態であることが、

結果的には、より生きやすく、宇宙からも応援されやすいということを教えていただき、

私もそちらを選択いたしました。

 

しばらくは、録音させていただいた音で、マイペースに楽しみたいと思います。

 

あの場で、冨永さんの生演奏だったから良かったというのもあるような気がしますので、

ぜひ、また参加させていただきたいです。

 

何か新しい風を感じた、ステキな時間でした。

 

ありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その他の方の感想はこちらです。

http://www.jibunnoshinwa.com/?cat=237

 

 

優しい悟りは、シンプルに

「今ここにある幸せ」にきづいていければいいのです。

 

体験してみたい方は、

優しい悟りにいたるための問い気づき講座にお越しください。

http://www.jibunnoshinwa.com/?page_id=5331

 

それでは今日はこのへんで

お読みくださってありがとうございます。

 

冨永ひろし

 

株式会社パーソナルクレド舎の主催している

その他の講座はこちらをどうぞ。

http://www.jibunnoshinwa.com/?page_id=2302

 

 

●メールマガジン 優しい悟りにいたるための「問い気づき」と瞑想

?本質を見極める目を養う「問い気づき」と瞑想 無料メールマガジン

メールアドレス  お名前(姓名)  

 

※PCやスマホ対応のアドレスでの登録をお勧めします。

携帯アドレスでの登録も可能ですが、空メールや、文章が途中で切れてしまう可能性があります。その場合の個別の再送や対応は原則しておりません。

※携帯メールでの受付を拒否設定をされていらっしゃる方は、personlcredo.com  の拒否設定を解除いただいた上でご登録ください。

※Yahoo Hotmail などをご使用の場合、迷惑メールとしてホルダーに入る前に削除されてしまう可能性があります。