天から与えられた使命を生きる 【自分の神話の歩き方】 無料メール講座

メールアドレス  お名前(姓名)  

天から与えられた使命を生きる。

足りないものを探すのが思考の得意技
(2017/8/18)

こんにちは、冨永ひろしです。

 

なかなかすっきりしない天気が続きますね。

江ノ島も普段の夏より人が少ないので

落ち着いてる感じです。

 

05195

 

さて、今回のテーマは、

【足りないものを探すのが思考の得意技】というテーマで、

お届けします。

 

今日は何を食べようかとか、

楽しみな旅行の計画を立てたりする時に、

思考を使って考えることはいいと思います。

 

しかし必要以上に思考に支配されなくてもいいのです。

 

人は、知らず知らずに、

足りないから欲しいとか、不満だから変えたいとなりがちです。

 

大切なことは、足るを知るということです。

 

必要なものは、

すべてがすでにあるということに気づけるかどうかです。

 

幸せも先に求めるので無く、既にあるのです。

神様や悟りも身近に感じることができるのです。

 

しかしなかなかそうなれないのはなぜか、

それは足りないものを探すことが、思考の得意技だからです。

 

もっといい車に乗りたい。いい家に住みたい。

もっと強い人間になって成功したい。

やりがいのある仕事をしたい。

など、

足りない、変えたいという、欲求は思考からきているのです。

 

 

もっと欲しい、こうなりたい、と思考し、

それがかなわないと、

そんな自分に不満だ。できないのは何かのせいだ。

と思考の力で物語をつくりだします。

だから苦しいのです。

 

 

執着が強いと強迫観念につかまります。

強く迫られるということです。

それに引っかかると、

もっと収入が欲しい。こんなふうに見られたい。

もっと幸せになりたい。

となります。

 

 

そしてたとえ欲したものが得られても

また別のものを追いかける。

このゲームに終わりは無く、勝ち目もありません。

 

 

執着が強いとなかなか物事が動きません。

 

「こうじゃないといけない」は、現状を否定しているので、

結果、否定的なことばかり起こるのです。

 

「このままじゃいけない」や、

「気に入らないから変えたい」では無く、

今の現状にOKした上で、

「変えたいところがあれば、変わればいいかな」くらいの執着の無さが

ちょうどいいと思います。

 

 

仮に、「お金持ちになりたい」と、人より頑張って念願が叶ったとしましょう。

 

その時に一時的に幸せを感じるかもしれませんが、

上には上がいるので、

他人と比較してもっと上を目指そうとなります。

 

より一層お金持ちになると

本当の幸せをつかめるのではないかと錯覚しているのです。    

 

 

また財産や地位を得ると、それを必死に守ろうとします。

老いや病気や死が怖い、となります。

それでは、今ここにある幸せを実感できずに、

生きているのがストレスになりかねません。

 

普通、そこまでお金持ちを目指さなかったとしても、

5年や10年は、あっという間に時が経過していきます。

その間に、もっと頑張って、幸せになろうと努力しても

なかなか幸せにはなれないのです。

 

幸せはすでにある、ということに気づくことが先決なのです。

 

 

人の寿命は決まっています。

いつ死ぬかは普段意識していませんが、いつか必ず死はくるのです。

 

それまで足りないものをずっと追い続けるか、

今持っている地位や財産などを必死に守ろうとするのがいいのでしょうか?

 

自分に今必要なものは、既にあるということ。

今持ってないものがあれば、それは今必要が無いという事です。

 

そう思い、気にならなくなると事は動きます。

望むように動くか。そのままの状況か。

神様の営みでそうしてくれているのです。

だから、どちらでもOKということです。

 

例えば、何かお祈りしたとします。

その場合も結果は求めないで手放し、あとは任せるのです。

 

お祈りはかなっても、かなわなくてもOKなのです。

かなわないとちょっとむかつくかもしれませんが・・・。

神様のはからいによって、そう決まっているのだから、どちらでもOKなのです

 

ここでいっている「神様」は単なるネーミングです。

 

神様、仏様、大いなる存在、宇宙の力、何でもいいのです。

創造主みたいなものが、見えざる力で、

すべてを完璧に正しく営んでくれているということです。

 

何事も焦っていたり、心がざわついている時はうまくいきません。

気持ちがゆったりしている時の方が上手くいきます。

 

ストレスを感じている時、いらいらしている時、

目を瞑って、深呼吸をしてみてください。

5分から10分繰り返していくと幸せホルモンがでてきます。

 

静けさを感じ、なんとなく優しい気持ちになれたり、

微笑みがでてくるかもしれません。

 

 

よかったら、プラスして

この瞬間の神秘性を感じてみてください。

この瞬間に、神様や悟りや幸せを感じることができるのです。

 

 

静かで心地よい状態になると、

幸せを感じることできるようになります。

だんだんと、囚われが少なくなってきます。

 

 

「なるようになる」という状態になると、

結局最も、一番いいようになるのです。

 

 ・・

普段、静けさや心地よさ幸せを感じていくために、

ひとつの手段として瞑想をお勧めしています。

 

しかし日常の忙しさに戻ると優先順位が落ちて、

中々継続できないという方もいます。

 

もしそうだとしたら、

それも決まっているのです。

ですので、できない自分を否定せず、

まずは瞑想を継続できない自分に OKしてあげることです。

 

必要なタイミングで継続してできるようになってくると思います。

 

 

「優しい悟り」とは、

 

世間の常識ではなく、

宇宙の摂理で生きていくといった「宇宙軸」を持っている状態。

 

自己否定や、自分を変えようとせずに、あるがままで、

個性を大切にしていこうという「あるがまま軸」を持っている状態。

 

エゴが少なく、十分足りていることを知り、

自然に感謝の気持ちが湧いてくる状態。

 

幸せを実感でき、自然とプラス思考で生きている状態。

 

そして、そういう状態の結果、使命を生きていて、

何か大いなる存在に応援されている感じになる、ということです。

 

ですので、まずは、心地よさ、静けさを感じ、

今すでに足りている。幸せに気づいてみることです。

 

 

瞑想はその感覚に至る近道だと思います。

だから自分への投資なのです。

幸せに気づいたもの勝ちなのです。

 

瞑想をしている時、

エゴによる思考がでてきたら、

ただそこに気づきその状態を観てみてください。

 

そうすると思考が大人しくなってきます。

 

そして内なる本当の自分と会話して、仲良くしてみてください。

本質の声がふっとおりてきたりします。

 

思考がでてくるほんの一瞬前の、神秘性、醍醐味を感じ、

神様や悟りや幸せな感覚は、今すでにあるということに気づいてみてください。

 

・・・・・

 

十分に足りていることや、

この瞬間にある幸せや悟りを実感したい方、

次回「優しい悟りにいたるための問い気づき講座」は、

 

 

9/11(月)江ノ島です。ご縁ある方、お待ちしています。

http://www.jibunnoshinwa.com/?page_id=5331

 

それでは今日はこのへんで

お読みくださってありがとうございます。

 

冨永ひろし

 

 

株式会社パーソナルクレド舎の主催している

その他の講座はこちらをどうぞ。

http://www.jibunnoshinwa.com/?page_id=2302

●メールマガジン 優しい悟りにいたるための「問い気づき」と瞑想

優しい悟りにいたるための「問い気づき」と瞑想 無料メールマガジン

メールアドレス  お名前(姓名)  

 

※PCやスマホ対応のアドレスでの登録をお勧めします。

携帯アドレスでの登録も可能ですが、空メールや、文章が途中で切れてしまう可能性があります。その場合の個別の再送や対応は原則しておりません。

※携帯メールでの受付を拒否設定をされていらっしゃる方は、personlcredo.com  の拒否設定を解除いただいた上でご登録ください。

※Yahoo Hotmail などをご使用の場合、迷惑メールとしてホルダーに入る前に削除されてしまう可能性があります。