株式会社パーソナルクレド舎

天から与えられた使命を生きる。

「うまくいかなかったらどうしよう」というブレーキの外し方
(2018/10/15)

こんにちは冨永のむ子です。

 

 

 

前回の記事で「本番」に進みましょ。って書きました。

https://ameblo.jp/soullifelabserendip/entry-12411883845.html

 

でも、本番も何も本当はないんですよね。実は毎日が本番。要するにどんな気持ちで目の前に対峙できるかです。

 

・・・って頭でわかっていても、どうも毎日が本番って感じがしないって方・・・・は、なぜそうなるかというと・・・、

 

当たり前すぎる解答で申し訳ないけれど、要するに本番のつもりで生きていない。本気出してないんですね。

 

行動レベルでいけば、例えば学ぶことばっかやってんだよね。学んだり人脈作ったり・・・、準備だけしてるのね。

 

本気出して、うまくいかなかったらショックだもんね。だから思い切って前に進む変わりに準備を念入りにして時間稼いでるんだよね。時間切れになったら世界に言い訳ができるから・・・

 

でも・・・そんなんだから、いつまでも本番にならないんです。

 

これ、ほんっとに多くの方に共通するテーマですよね。私もそうだった。

 

「うまくいかなかったら、どうしよう」という気持ちって、前進を妨げる最大のブレーキ、知的なもっともらしい言い訳としてエゴが自分にささやくんです。

 

でもだったらいっそ「最初はうまくいかなくてもいい」って決めたらどうですかね? たくさん失敗しよう!って・・・。

 

だって、やりたいことしてたら、結果うんぬんだはなく、まずはそれ自体が嬉しいはず。本来はね・・・。だからまずはその子供のような純粋な気持ちを思い出すことです!!

 

不思議だけどもその嬉しいエネルギーで満たされると、結果は自然に後からついてきます。

うまくいってる人、やりたいことで食べている人は、みんなそうやってやってるんですよね。損得感情よりも、それをやっている事実に意識を向けている。その喜びに満たされて生きている。だからその喜びが未来に投影するんだよね。

 

その反対に、やりたいことで食べていけない人は、損得感情に意識がむくあまり、本気でやってみようともしないのね。

 

スポーツに例えたら、試合に負けたくないから練習だけしてる状態です。(へたすりゃ、練習すらしない)「負け戦はしない」って、完璧主義を決め込んでいる。それって結局「自分は負ける」って呪いを自分でかけていることだから・・

 

でも、試合と練習では、上達のスピードが違います。実戦形式の本番さならがの練習試合で、負けて反省して、を繰り返してアスリートは強くなっていくじゃない? 一度も負けたことのない人より、敗北や挫折を克服した人の方が絶対的に強いですよね・・・。

だったらどんどん負け戦しまくって強くなればいいんだよ。

 

本気出さない人、出せないって言い訳している人は、経験が足りないとか実績が。。とかなんとか言って、足踏みしてる人が多いけど、経験も実績も自分で積み重ねる以外にありません。

 

準備を念入りにしていたら誰かが目をかけてデビューさせてブレイクさせてくれる、なんて日は来ないから。

 

でも、自分で積み上げているうちに人間の「誰か」ではなく「天」が引き上げてくれるんですよね。

 

だからどんどん練習試合に出ること、負けまくることをオススメします。

何勝何敗とかどうでもいいの。勝ったって負けたって回数を重ねればそれだけ経験値が増える。実績も増える。

 

だから目の前の試合相手に、感謝しながら、全力で真剣勝負でのぞむのみ。そうやって気が付くと実力も実績もいつの間にかついていくんですね。

 

これ、根性論に聞こえます?

でもそうじゃないのです! 本当にやりたいことなんだもの根性や気合いでしてるわけじゃない。本当にやりたいことを心から一生懸命になれるってほんとうにスカッと気分がいいことです。

こちらも参考にしてくださいね。
http://amba.to/1sggX9E

 

頭ではわかってるんだけど、なかなか行動に移せないのは・・「負けたら人生が終わってしまう」みたいな恐怖を抱いていたりするんですよね・・・。

 

でも、いい年した大人なんだからさ、冷静に考えようよ。

ほんとに人生終わるんだっけ?  誰かに殺されるんだっけ? 百歩譲って、殺されるとして(しないけど)  いったい誰に殺されるんだっけ?



「自分!」ですよね。

誰も、あなたのことを殺さないし笑わない。

なのに、自分で自分に対して、負けたら人生終わりだぞ!って脅してるんだよね。

そうやって独り芝居してしまう背景には「完璧主義」とか、「お金に関するブロック」とか、名前をつけて原因を特定し、排除したくなるものが色々あります。

 

でも、それらは実は、自分が目の前に対して勝手に創り上げてるだけで、ほんとは実在しないんですよね・・・・。

すべてはただの幻なので・・・・。それを取り崩すことにパワー割くよりも、やりたいことでどんどん練習試合した方が生きている時間が充実しませんか?

あなたという存在を脅かすものは何もないんだよ!

 

人生は楽しむためにある、幸せになるためにある!

 

だからこそ、あなたがどう生きたら、どうあれば幸せなのかを、Doingで考える前に、あなたはいったいナニモノなのか・・Be-ingを明らかにすると、やみくもにかたっぱしから試合するんじゃなくなるから失敗の質もあがるかもしれません。

やみくもにバット振って空振り連発するより、自分の個性や適切なフォームを把握した上でのぞんだ方が効果的でしょ?

できるだけ早く本番でがんがん腕を奮いたい、あなたがそう思ったら、よかったらブループリント解放してパーソナルクレドを持つこと、そして使うことをお勧めします。

 

天から与えられた使命を生きる 自分の神話塾でお待ちしていますねん。

36期生 11月9日(金)開講です。

http://www.jibunnoshinwa.com/?page_id=2845

 

 

 

●無料メールマガジン

※メルマガの内容はリンクをクリックするとごらんいただけます。そちらの画面からの登録も可能です。

※携帯メールのアドレスは、文字化けや途中で切れてしまう可能性がありますので、PCまたはスマートフォンからの登録をオススメします。

文字化けや切れてしまったメールの個別配信はしておりません。

 

から与えられた使命を生きる 自分の神話の歩き方無料メールマガジン(のむ子) 

 【自分の神話の歩き方】無料メールマガジン

メールアドレス  お名前(姓名)  

 

優しい悟りにいたるための「問い気づき」無料メールマガジン(浩志)

優しい悟りにいたるための「問い気づき」 無料メールマガジン

メールアドレス  お名前(姓名)  

 

 

自分の神話の法則 10日間無料メール講座(のむ子)

人生を「自分の神話」にするための無料メール講座

使命について、宇宙やブループリントについて、本来の自分やそれを付き動かす潜在意識などついて、10日間で学べるメール講座

 【自分の神話の法則】10日間無料メール講座 

メールアドレス  お名前(姓名)