株式会社パーソナルクレド舎

天から与えられた使命を生きる。

時間を味方につけたら時間は無限にあなたを応援してくれるようになる。
(2019/5/4)

こんにちは冨永のむ子です。
 
 
10連休も後半戦になりました、

少しご無沙汰ですが。いかがお過ごしですか?
 
私はセッションがちらほらありましたが、

空いている日は、友達や妹が遊びに来たり、子供のサッカーの試合に行ったり、

衣替えをしたり、自宅で講座の資料作りを作ったり・・

森へ散歩に行ったり、休みつつ働きつつの、ほどよいペースですごしています。

 

さてさて・・、元号が変わりましたね。

 

あんまりこの話題(令和うんぬん)するつもりなかったけど

思うところがあるので書きますね。

 

元号の変化は日本のみのことで宇宙的な視界の中ではさしたる意味はないけれど・・、

それでも気持ちを切り替えたり、踏み出すきっかけとして活用するならそれもあり。

ほんとに、すべては自分の意図しだいです。

 

ただ、必要以上に 令和!!と、叫んでも、

本当に令和な時間がやってくることはないのでー。

浮かれ呆けるより大切なことがあるよっ!

 

令和にこめられた意味・・報道によると、

「一人ひとりが明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる」

ということだそうですが、これってつまりは自分の神話を生きるってこと。

ありのままの自分で天に使ってもらうってことでしょ。

 

だったら、

みんなで同じように令和がーって騒ぐのは、

ちょっと違うんでないかい? 幼いんじゃないかい? って思うんですね。

 

もちろん騒いでもいいし騒がなくても自由だけれど、

自分が本当はどうしたいかに従った方がいいかなって思います。

 

本当にそれぞれの花を大きく咲かせようと思うなら、

日本人という集合意識におもねることなく、自分独自の感覚に従うこと、そこを貫くことです。

(日本人、に限らず周囲の、ってことだけどもね)

 

元号の変わり目を境に自分を奮い立たせよう、と思うならばそうすればいいし、

そういうのはどうでもよく日々を穏やかに暮らしましょ、と思うならばそうすればいい。

 

それぞれが個々に持つ感覚に従っていくことが、

命の最高の使いみちだし、それをする時間は既に希望に満ちた時間のはずだから。

 

令和と名付けた人たちは、はたして本当にその意味わかってんのかしら?と、

意地悪く思わなくもないけれど(笑)

 

彼らにそれをつけさせたことすらも天のはからいです。

日本に限ったことではないけれど、

特に群集心理にのまれやすい日本人に対して、本当に一人ひとりが自分のお役目を果たし命の花を咲かせなさいと天が言っているのね。

 

だったら、そのはからいを受け取って、

ひとりひとりが、ありたい自分でい続けることに意識を向けていくのみなのです。

その瞬間瞬間に・・・命は時間なのだから。

 

そう! 本当に、時間という名の命の使い方がますます重要になってきます。

時間という名のエネルギーの扱い方、捉え方が本当に本当に大切。

それは単なる合理性や効率とかそういう意味ではありません。むしろその逆を行く場面もあるかな。

 

文字でお伝えするのが難しいのだけれど、

どれだけ純度の高いエネルギーを瞬間瞬間に投じられるかみたいなことです。

 

どういうことかというと・・・

映画のタイトルにもなった、クイーンの「ボヘミアンラプソディー」の楽曲は一曲が6分間。

映画の中では6分は長すぎる! とプロデューサーに没になりそうになりましたよね。(観てない方ごめんね!)

ってことは6分間あったら、どんだけのことができるの?って話でもある。

 

クイーンの命が吹き込まれた楽曲における6分間は宇宙を感じる壮大で重厚な時間。

一方で、ぼーっと平成をしのぐ番組見ていたら、6分間はあっという間だけどうすっぺらい時間。

 

楽しい夢中な6分間は同じあっという間だけれど密度の濃い充実した時間。

足上げて腹筋して6分間キープ!とか言われた日には6分は永遠に感じるくらい長いけれど、

 

いつも時間がない!ってイライラキリキリしていると6分どころか10分すら、すかすかな時間で、

いつもくるくる動き回っている割に、時間が無い!という呪いの通りになる。

 

物理的には同じ6分間なのに、感じる長さも、瞬間瞬間に受け取るものも全く違いません?

 

その受け取るものの違いが人生の質を変え、その積み重ねが未来の質を変えるですよね。

 

24時間という物理的な時間は、誰にでも平等に与えられています。

金持ちだから32時間ねとかないじゃない? そして子供にも大人にも同じだけ。

 

その同じように与えられた時間・・命を、

宇宙のように壮大で密度濃く、それでいてまばたきのように過ぎ去る充実した時間にするのか、

 

いつもせわしなく時間に終われるのに、中身は退屈で持て余し気味なすかすかな時間にするのか・・

それはあなたしだいです。

 

時間を味方につけられたら、

時間は無限にあなたを応援しあなたに壮大なギフトを与え続けてくれます。

 

そして実は物理的な24時間という時間が、

地球の自転の動きとともに少しずつ短くなっているという衝撃的な事実もあります。

 

要するに・・私たち人類が貴重な地上での滞在時間・・・

限りある命をいかに密度濃く豊かに過ごすかが問われているのの。宇宙から。

 

すごーくシンプルに言えば、

あなたがあなたの命をどれだけ意義深いものにできるかを宇宙は問うていて、

そこに真剣に取り組む人のことは宇宙が猛烈に応援してくれるのです。

 

10連休も残りわずかとなりました。お出かけしている方も、おうちでのんびりされている方も、

あなたの命の使い方、少し意識してみてくださいね。

 

いかに密度濃く、それでいて囚われず軽快に自由にいられるか・・、

あなたの内なる感覚に従って心がけてみてくださいねん。

 

大きな時代の変化や時間軸・・その概念や密度について、

そしてそれぞれが今なにを大切にしていけばいいのかなど、トークライブセッションでお話いたします。

連休中にキャンセルが出ました、お席まだあります。

 

5月10日 江の島でお待ちしていますねー。

http://www.jibunnoshinwa.com/?page_id=9291

 

そして、

本気で自分の命の使いみちを見出して生きたい、

宇宙に応援されながら命の花を咲かせたい、という方は、

自分の神話塾においでください。

天から与えられた使命を生きる 自分の神話塾 

38期生 6月28日スタート 受付中

http://www.jibunnoshinwa.com/?page_id=2845

 

塾生の生の声はこちら

 http://www.jibunnoshinwa.com/?cat=180

 

分割払いや欠席の場合など、よくあるご質問はこちらです。

http://www.jibunnoshinwa.com/?page_id=8450