fbpx

株式会社パーソナルクレド舎

あなたのことを否定批判する人のために生きる時間を終わりにしよう。

あなたのことを否定批判する人のために生きる時間を終わりにしよう。

2月 2, 2021

こんにちは冨永のむ子です。

 

起業準備中の方とのセッションで、
否定や批判を鵜呑みにしそうになってもがいている方がおいでになりました。

 

彼女は、その否定や批判に従って、軌道修正をしなきゃいけないのかと思っていたそうで・・・。

 

よくよくお話を聞いてみると、
否定や批判する人は、その方の取り組みに、共感している人ではないことが発覚・・・、

その整理ができたら、方向性が一気につながっていきました。

 

彼女にもお伝えしたのだけど、

自然界・・・生命の営みは
2:2:6の法則で作られていますよね。

 

有名な話なので、ご存知の方も多いと思うけど、少し解説しますね。

 

アリの巣の中を調べていくと、

よく働くアリが二割、怠けて足手まといになるアリが二割

そして、可もなく不可もなくというアリが六割になるそうです。

 

だったら、
働く二割のアリだけを集めた精鋭部隊ができるんじゃないか、と誰もが思いますよね。

 

でも、そう思って
よく働くアリだけを集めて巣を作ると、
不思議なことに同じ比率に自然に分かれていく。

 

この法則は、
人間の組織でもあてはまるそうで・・・
人材開発の専門家が実験したところ、
やっぱりちゃんとそのようになるんだそうです。

 

みんなが同じように頑張ったら、
さぞ素晴らしい組織になるだろうと
思うかもしれないけれど、

 

きっと、それは不自然なんでしょうね。
(もちろん組織ごとに、全体としてのパフォーマンスの高い低いはあるけども)

 

本来、人間も自然の一部だから。

 

それに、みんなが同じ考えで、
みんなが右なら右を向く世界って怖いと思いません?。

 

色んな考えや在り方があるから、世界はモザイク模様で美しいんだもの・・。

 

だから、その美しさ、調和を保っていくために、アリさんでも、人間でも、集まった場で、
自然にあり方(エネルギー)がばらつくようになっているんでしょうね。

 

ほんとに、自然はよくできている・・・・

※現代社会は無理やり全員に同じように頑張らせようとして、
頑張れない人を排除したりするから、歪んでいく。
おかしな社会になっているんでしょうね。

 

ハンドルの遊びが必要なように、一見無駄に思える存在だって、
その場に必要な存在としてそこにいるんだもの・・

(・・そこについてはまた別の機会に語ろうと思いますが)

 

今日この場で、何が言いたいかっていうと、


あなたのことを評価判断する人も、
それぞれに同じ割合で存在するのが自然なんだよ
ってこと。

 

例えばあなたが自分の考えや想いを世界に放った時・・・

その思いに共感してくれる人は多分最大で二割かもしれません。

 

そして二割は、全くわかってくれない・・
下手したら批判するんじゃないかな。

 

さらに、残りの6割は、
どっちでもない、どっちでもいいと思うはずです。

 

で、アリさんと違って人間は計算高いし、
今の日本では特に、自分の考えを持ってなくて、
長いものに巻かれる日和見主義で生きている人が多いから、

 

6割のどっちでもいいと思っている人たちは、
ちょびっといいなと思ったくらいでは、
拍手喝采はしてくれません。
周囲の目を気にして、むしろ反対のふりしたりする。

 

その一方で、周囲が拍手喝采しはじめると、
自分もいいと思ってた、みたいにふるまうんだよね・・・

 

今のFBの
「いいねの数を増やしましょうマーケティング」は、
その法則に基づいた操作主義。

 

騙されるなよっ、って思うけど、
騙される側もずるいわけです実は・・・。

 

あ、また話それそうね・・・

戻します。

 

・・・だから、
本当に自分のアイデアや想いを貫こうと思った時って、

 

はじめは、だれもふりむいてくれない状態が普通なんですね。

 

その法則を無視して、
すべての人に拍手もらわなきゃ、ってがんばるとしんどいんだよね。

 

自分の考えを持っていればいるほど、つらいよ。

膨大な反対意見に流されて、
想いを歪ませて迎合を強いられるなんてさ・・・。

 

でも、うっかりするとそうなっていく。
魂の叫びより、恐れが大きくなっていくとね・・・。

 

でも、そうなりそうな時にこそ、覚えておいて。

 

たまたま目の前に反対している人がいるだけだ
ってことを。

 

すべての人が賛成しないのと同時に、
全ての人が反対するわけでもないんだよ、ってことを。

 

そして、そのあなたの想いに共感する人が、
この世界の片隅に必ず一定数いるはずだ、ってことを。

 

だから、反対する人が8割なんだ、くらいに思って

 

自分と同じ想いの、世界の片隅のどこかに存在する、
わずか二割の人に届くまで、
何度でも何度でも、届けていくことが大事なの。

 

何度も何度も届けて、
共感してくれる人がある程度増えていくとさ、

 

こうもりみたいにあっちもこっちもいい顔する人は、
自然についてきたりもするしね・・・(笑)

 

・・・そんな話を講座でもさんざんさせてもらった上で、

 

コンサルの時間には、同じ想いの人に届いていくために、
具体的にすべきことなどを、一緒に整理していきました。

 

その方は兵庫県の城崎温泉からかけつけて下さったんだけど、
講座の途中でも何度も、
「はるばる来て本当によかった!」って、
涙してくださって・・。

 

いやいや私の方こそ、
美しい心にふれて本当に感謝の時間でした。

 

・・

人は、否定や無反応が続くと不安になる。自信を失う。

 

成功している(ように見える)人を見て、心がざわつき、
自分だけが世界から取り残されているような気持ちになる。

いとも簡単にね。

 

私だってそうです。

 

講座が満席にならなければ焦るし、
否定的なコメントやメールが来れば、悲しいし。

メルマガが解除されれば、しょんぼりするし・・・。

生身の人間だもの、そんなの当たり前。

 

でも、だからって、その感情に飲み込まれてやけになって、
否定や批判をうのみにして世間にこびたら、
自分が自分じゃなくなってしまうし、

 

自分に心から共感して下さる、
まだ出会えていない二割の人に、
永遠に出会えなくなってしまう。

 

魂のミッションが果たせなくなってしまう。

 

それが一番残念なことだと思いませんか?

 

だから心したいのは、
自分のミッションを待ってくれている、
魂のお客様を信じること。

そういう人に出会っていこう、
という意図を強く持つこと。

 

あなたがやりたいことは
世界のみんなから拍手喝采をあびることではないんだから。

 

これ、 ビジネスじゃなくても同じですよね。

 

魂の伴侶(パートナーでも友達でも)、
魂の居場所・・・(職場とか、住まいとか)

 

そういう存在に出会っていくことが、
人生の質を明らかに変えていく。

 

人生を前に進めていくそのために大切なのは、
誰と出会うか。そして何をするか。

 

o3018301814056598060

人生は本当に短いから、
どうでもいい人や、どうでもいい場所や物事に時間を使うのはもったいないし、

 

ましてやそういう人に流されたら悔しいじゃん。あほらしいじゃない。

だから、
自分と共感共鳴する人のためだけに時間をつかい、
本当に大切にしたいことしかしないって、
肝に銘じることですね。

 

・・って書くと、
そういう人との出会いとか、やりたいことや、大切にしたいことを
探しに行きたくなるんだろうけども・・

 

そういうことを言いたいわけじゃない。

 

出会うものも、何をするかも、
その人の在り方から自然に生まれていくものだから。

 

いまどきの言い方でいくと、
自然に「引き寄せられる」もの。

 

引き寄せって、素敵な彼氏と出会いますようにー。とか
紙に書いたり、願ったりして出会うみたいなことじゃないから!

 

そういうことじゃなく。

 

本当の引き寄せの法則は、
法則である以上自然に働くんですよね。

(こちらもどうぞ。宇宙の摂理について )

 

そしてそれは、自分と同じものが
目の前に自然にあらわれるってことだから。

 

だから、根っこの部分で、そもそも、

「何をするか Doing」、ではなく

「どうあるか Being」だし、

 

もっと言うと、

 

自分の在り方が整いさえすれば、
ビジネスでも、パートナーでも、居場所でもなんでも、
その自分に最もふさわしいものが自然に目の前にあらわれるから。

 

だから、人が自分を否定したとしてもなんでも、
自分に嘘をつかないで!

 

 

ただひたすらに、
自分自身の純度をあげていこう。

 

自分そのものを生きよう。

長所も短所もそのまんまでさ。

 

あなたが本当に
魂のミッションを果たしたいならば、

 

あなたを批判する人、
否定する人のために生きる時間を終わりにして、

しっかりと地に足をつけ、自分軸で生きていくしかないんだよ。

o1080108214063035641

 

地に足をつけ、自分軸で生きるために、
個人的に超おすすめなのが、
自分のエネルギーのコントロールセンターである
チャクラを整えること。

 

チャクラシステムがわかると、
人の成長や自分の進化が冷静に客観的に観察できるようになるので・・・。

 

人とかかわる時に、余計なストレスが減るし、
ニュートラルに世界を見つめることができるようになります。

 

先日の講座の最中に、
前述の彼女にクリアリングの瞑想をしていただきましたが、

その直後に、
目に映る世界が色鮮やかになった、っておっしゃってました。

 

目に映る世界が色鮮やかになるのは、
自分自身のエネルギーが色鮮やかになるから。

 

それはつまり、自分という名の天の道具が整うからです。

講座などで私がさせていただいた場合は、
あくまで一時的なものだけど、

やり方がわかれば自分でできるし、
それを継続していくと、本当に人生が変わります。

 

私がそうだったので、本当にまじでお勧め。

天の道具である自分を整えることって。

 

このさまざまなものと歪んだ現代社会で、
純粋に美しい世界を楽しみ、
自分に本当に必要なものを
天からまっすぐ降ろしてもらうには、

よっぽどの聖人君子じゃない限りは、
意識的にトレーニングする必要があるんだと思います。

 

真剣に取り組めば取り組むほど
価値あるトレーニングになるはずです。

 

あなたのこれからの人生を、
世界の美しさを享受し、
魂のミッションにまい進する時間にしませんか。

自分という名の道具を整えることについてはこちらをどうぞ。

 

 

それでは今日はこのへんで、
お読みくださってありがとうございます。

 

感謝をこめて。

冨永のむ子

自分の神話の歩き方無料メールマガジンバックナンバーより