fbpx

株式会社パーソナルクレド舎

宇宙とつながりたいならば、宇宙の視座で自分を育ててあげませんか?

宇宙とつながりたいならば、宇宙の視座で自分を育ててあげませんか?

3月 14, 2021

 「これまで何度学んでも、
ちっともわからなかったのが、
今日はすっと腑に落ちました」
 
みたいな時ってないですか?

 

頭で知っていたはずのことが、
突然、ストンと全身でわかるような感覚

 

準備が整ってはじめて、
お腹に落ちるんですよね。

でもだからこそ、
これまでの学びも無駄ではない。

自然界の営みと同じです。

 

暦の上では春でも、

北風や大雪にみまわれて、
冬に逆もどりの日もあるかもしれません。
 
寒くて凍えそうで、
永遠に春なんて来ないんじゃないかって日もね・・・。

 

でも、そんな日を重ねつつも、
少しずつ気配が変わり、

 

ある日気が付くと、
モクレンのつぼみがほころんでいたり、
足元に蕗の薹や、オオイヌノフグリを見かけたり・・

気が付くと確実に春の足音は近づいている。

 

o0960072013884997368

ほんとに、いつの間にか、
気が付くと・・・って感じですよね。

 

人間も宇宙の一部、自然界の一部だから、
実は全く同じなんですよね。
 

 

以前こんな記事を書きました。

 

宇宙の一部としての進化変容は、
宇宙の視座での進化変容だから、

 

人間の感じ方からしたら、

自分の変化にかかる時間って
あまりにも長くて苛立ちたくなるかもしれないけれど、
 
 

長い長い目・・・神の視点=宇宙の視座から見たら、
実は瞬き程度の時間ですよね。

5年も、10年も
長いようであっという間でしょ?

 

子供なんか育てていたら、
気が付いたらこんなに大きくなっちゃった!

みたいな感じ?
 

 

だからこそ、
大らかな気持ちで構えながら、

その一つ一つの時間を、
どっしりと、味わうように、
丁寧に大切に生きていきたいですね。

 

マクロの視点でとらえながら、
ミクロを大切に過ごす。

 

意識の成長の大きなポイントの一つ。
 

子供の成長もそうだけど、
自分自身の成長も、

長い長い目で見てあげることが大事です。

 

インスタントな方法で満足するのは自我だけ。

 

空腹を満たすために
カップラーメン食べることは
もちろん悪いことじゃない。
 

お腹が空いて動けなくなるくらいなら、
そこでのへんな我慢はむしろエゴでしょ?
 

だから
目の前の空腹を満たすことだって
もちろん必要。

 

でも、それを毎日していたら、
体はちゃんと育ちませんよね。
 

でも長~い目で見たら、
たまにジャンクフード食べるのだって、
どってことない。
 
 
そこに囚われすぎてキーってなってたら、
どんなに食べ物に気をつかったって、
マイナスのエネルギーたまるんだもの。
 
 
だから
いつでも今の自分と対話しながら生きることかな。
 

今の自分が、

一時的に自我を満たしたいのか、

それとも
大いなる自己を伸ばしていきたいのか。

 

そして、

いま自分に与えようとしているものが、
自我と自己、

どちらに貢献しようとしているものなのか。

 

よくわからないうちは、

ひとつひとつ、確認するのかな。

 

目の前の結果に一喜一憂せずに、
宇宙の視座で自分や世界を眺めてみよう。

 

今の目の前の悩みや苦しみが、
ちっぽけだなんて言わないよ。

 

 

いつだって、いまの悩みは
今の自分にとって深刻で重大だもの。。。
 
 
例えば・・・、

子供って、
中身が同じなのに、
アメの包み紙が青いか赤いかで
喧嘩になったりしますよね。
 

大人にとっては、
どっちも同じじゃん! っていうことが、
幼子にとっては、そうでない。
 
 
子供にとっては、
とっても重大なんだよね。
 
 
 
内なる子供ちゃんの立場から見たら、
大人の自分には、
あまりにもくだらなくて
恥ずかしくなるようなことでも、
とてもとても深刻な、「だいじけん」なんだよね。

だから、

自分の中にいる
小さな自分にとって重大問題も、
馬鹿にせずに大切に扱ってあげつつ、

同時に、大人としての長~い目も意識する。

 

そうやって自分を育ててあげませんか。

 

あなたの人生の設計図には、
幼子のように駄々をこねたり、

うちひしがれたりする、
そんな自分を持て余す経験も記されていることでしょう。
 
 
くだらないことにムキになる、
血気あふれる青臭い自分に
あきれ果てる時間も記されているかもしれません。
 

 
なぜなら、

その体験があなたの魂・・・
大いなる自己としてのあなたが
この地上でのお役目を果たす上で
必要なギフトだから・・・、
 

 

長い長いスパンで、人生を眺めていけば、

すべての経験は
あなたを真に豊かにするためのギフトだから。

 

そのためにも、
幼子の自分も認め受け入れながら、
ゆっくりとじっくりと大きくなっていきたいですね。

 

 

「よく育つものはゆっくり育つ」の記事をFBでシェアしたら、
 

自分の神話塾の塾生の方が、
こんなコメントをくれました。
 
 
日に日に増すのは溢れる感謝です。
丁寧に丁寧にと思っても時間に追われて、
ついオムツ替えてなかった!とかありますが、笑
私自身も人としてゆっくり成長していると実感します。

こんな事初めてです。
 

 

・・そんな彼女が塾を受講くださったのは、
3年前だったかな?
 
 

感謝に満ち溢れる心が、
ゆっくり育っていったんだよね。
 
 
同じようにね、
「あの時の、のむ子さんの言っている意味がようやくわかりました」
みたいな言葉をもらうことが多々あります。

 
 
半年前の方もいれば、
3年前4年前に受講くださった方々もいる。
 

 

そう言ってくださる方って、

ゆっくり育つ自分を
あきらめなかった方だと思うんですね。
 
 

だからこそ、
ほんとうによかったねって思う。
 
 

本当に、

よく育つものはゆっくり育つ。

 
これ、宇宙の絶対法則なのです。
 
 

あなたが本当に「よく育つもの」としての
進化成長を遂げたいならば、
 
よく育つもの、としてあなたを扱ってあげましょう。

 
ゆっくりと長い目で・・・、
そう!宇宙の視座で自分を育ててあげましょう。
 

 
宇宙の視座で世界を見つめれば、
宇宙の一部としての、

本来の自分で進化成長していけるようになるのです。
 
 
くれぐれも、
目先の空腹さえ満たせばいい、
ってならないで。

 

上っ面の成功とか、
キラキラばっかり追いかけないで!
(まあ、追いかけたい時は追いかければいいけどもね) 
 

すぐに結果が出なくいいの。

それすら順調ってことなので。
 

そんな自分を愛おしみ
大切に育ててあげてくださいね。
 

春はすぐそこだ~!

 

・・・

生まれ持った人生の計画を確認しながら、

宇宙の視座で自分を育てませんか。

自分の神話塾でお待ちしています。

それでは今日はこのへんで。

お読みくださってありがとうございます。

感謝をこめて

株式会社パーソナルクレド舎 冨永のむ子

自分の神話の歩き方無料メールマガジンバックナンバーより