fbpx

株式会社パーソナルクレド舎

あなたは「生きた時間」を過ごせていますか?

あなたは「生きた時間」を過ごせていますか?

7月 27, 2021

 

こんにちは冨永のむ子です。

 

結果よりプロセスを大切にすると
実は結果がちゃんとついてくるんですよ、

 

と・・・、

中学生のサッカーの試合を見ていて湧いてきたことを

アメブロに書きました。

 

 

「参加することの意味」と

「結果とプロセスの関係」について書いた

 

その続きとして
湧いてきたことを書きますね。

 

というのは、

参加って物理的な行為だけを意味しているわけではないんですよね。

これはまさに【当事者意識】についてで、

これは、塾生の方々や、
読者のみなさまにもぜひシェアしたいなと思ったんですよね。

 

私たちが見に行った中学生サッカーの試合に、

相手チームのベンチに
ものすごい大声を出して
まさに全力で試合に参加している子がいたんです。

 

その姿に心を打たれ、
一緒に見ていたママ友と私の二人は、
試合中その子に注目せずにはいられませんでした。

 

途切れることなく
大声を張り上げ、
のどが枯れていて、
それでも大声を出し続け、

メンバーチェンジで
ベンチに戻ってくる子にも、
大声で【ナイスプレイ!】と!

 

広いグラウンドで、
スタンドからの観戦だったのに、
彼の声はグラウンド中に響き渡っていて、

 

自分だって出たかっただろうに・・。

そういうちっぽけな自我を超え、

チームの一員として戦っていた。

 

その全力で試合に参加している姿。

 

その姿が人の心を打つ。
その心が美しいなと。

 

美しいという文字は、
大きな羊と書きますよね。

 

DirCZ9nVMAAN2VV

この文字の由来は

狼がやってきた時に、
群れを守ろうと戦った大きな羊の姿
なんだそうです。

 

仲間のために自分よりも強いものに、
全力で立ち向かっていく姿。

 

そこに昔の人は、
美しさを見たんですよね。

彼を見ていてそんなことを思い出しました。

そこに宿っているのは、
純粋な、エゴのない、
無我夢中のエネルギーなんだろうなと。

 

ベンチの中にいる選手を見て、
「ただなんとなく」応援する、
という選択もできてしまう。

 

自分は出ないから関係ないし、
みたいに思うことすらできちゃう。

 

でも、
彼はボールをけらずとも、
誰よりも試合に参加していた。

 

猛暑の中、まさに全力・・・全身全霊で。

 

その姿は本当に美しいなあと・・
思いだしてもウルウルします。

 

30分ハーフ +延長 +PKの 約90分間

この時間を、

どうせ補欠だし、
試合に出られないから「つまんなーい」って

お客様気分で座っていることは簡単。

でも、それは当然ながら
【つまらない】という現実を引き寄せる。

 

ただの時間の無駄で終わる。

試合のお客様で終わる。

 

でも、その90分という時間、
実は試合に出ていても出ていなくても、
それぞれの人生の中の貴重な時間なんですよね。

 

たとえ

肉体は試合に出ていなくても、
気持ちが参加したら、

本気で大声が出せる。

本気で喜んだり悲しんだりできる。

結果として、
その90分は、「自分事」になる。

 

本気=本物のエネルギーだから!

 

その時間は、
猛烈にエキサイティングな時間・・・夢中の時間、
命を輝かせる時間になるし、

その積み重ねが、
魂の成長、
人間性の成長に大きくもつながっていくんですよね。

 

試合に出なくても、
チームが負けても、

 

今の自分にできることをする。

 

彼は、その90分間を、
大切な中学生活の夢中の一コマにできた。

 

それは、
のちのちの人生にも大きく影響するはずです。

試合に勝ちあがること以上に!

スタメンの選手と同じように!

 

彼の、その時間は「生きた」時間だから・・・。

 

スポーツに限らず、
私たち社会人にとって、
仕事やさまざまな活動も、同じことがあてはまりませんか。

たとえば、
不本意な仕事や、
重要ではないポジションについてしまった、

 

その時に、
どうせつまらない仕事だしとか、
どうせアシスタントだし、と、
他人事として働いていると、

その仕事はいつまでたっても、
つまらないし、成長もできない。

 

あなたにとって「生きた時間」にならないんですね。

でも、同じ時間を過ごすならば、
そこで過ごす時間を

自分にとっての大切な時間ととらえ、

今の自分にできることを一生懸命やれば、

その時間は生きる。

 

その仕事なりの面白さに気づき楽しくなるかもしれないし、

何より確実に成長はできます。

これは、仕事だけじゃなくて、何事も同じですが、

自己啓発の学びも同じですね。

 

講師や内容を品定めしながら、
なんとなくお客様気分で、

課されたワークを、
ただやればいいんでしょ、って提出する人と、

 

その場で、
自分ごとととして参加している人では

同じ時間を過ごしても、
受け取るエネルギーの量は、まったく違います。

 

理由は、エネルギーの循環の法則通りです。

 

自分が注いだエネルギーが、

世界を通って、自分のもとに返ってくるのから。

自分のエネルギーの注ぎ方しだいなんですよね。

 

ものすごくシンプルですよね。

 

この、エネルギーの循環の法則は、
地上のすべてにあてはまります。

 

人生に対する姿勢ね。

自分が自分を「生きた時間」の中に入れようとするか。

その姿勢を、おてんとうさまは見ているんですよね。

 

ベンチにいながらにして
試合に全力で参加していた彼に

 

私たちの目が釘付けになったように、
自分の人生に全力で参加している人を
おてんとうさまが見ていないはずはないんです。

 

何をするか(Doing)、ではなく、

どうあるか(Being)というのはそういうこと。

 

そして、すべてはBeingしだいなんですよね。

 

そして、Being・在り方って、
失敗しないスマートさとか、そういうことじゃなくて、

いかに自分の人生全体に真剣になれるか。

本気・・本当の・・純粋なエネルギーをそこに注げるか

なんでしょうね。

 

その姿が美しい、
かっこいいと思いません?

 

「失敗したら恥ずかしいって思っていることが恥ずかしい」

とは、

五輪マラソン代表のプロランナーの大迫傑さんの言葉・・

本当にそうだなと。

 

・・・・

なんとなく流れで起業して、

一生懸命、日々やっているつもりだけれど、

どうもパットしないというあなた。

 

あなたがパットしない原因は、

ビジネススキル以前に、そこにありませんか?

あなたはあなたの人生を生きていますか?

 

 

一度きりの人生。

 

全力で自分事として参加しませんか?

 

その在り方を含めて見直したい方、

エネルギー循環を
あなた史上最大値まで引き上げたいと言う方、

 

ぜひこちらで本気で学んでくださいね。

 

純粋なるエネルギー循環は、
お金さえ儲かればいいとか、承認欲求を満たすとか、
そういう次元ではありません。
 
そういう考えだけの方は難しいかな。
 
 
あなたの事業に対して、
私も当事者意識を持って臨ませていただくんで、
 
そこが見え隠れする場合は、
そこもお伝えいたしますので、一緒に見直していきましょう。
 
もちろん・・・、
純粋なエネルギー循環ができたら、
お金という名のエネルギーも大きく成長して自分のところに戻ってくるのは
自然の摂理です。
 
 
ただちやほやされるような自我満足ではなくて、
天に許されOKされているんだという、
本当の意味での「自己承認」も自然に実現します。
 
 
天はそのために私たちを導いているのだから・・・
 
 
それが自分の神話で起業するということ。
天命で起業するということなんですよね。

こちらもぜひどうぞ。

 

【関連記事】
 
 

冨永のむ子