fbpx

株式会社パーソナルクレド舎

天に使ってもらう人生にする

あなたはただ自然に心地よくあるよう努めるだけでいい。
(2020/3/13)

伝えたいことがあるなら、湧き上がる想いがあるなら、

あなたはただただひたすら、その想いを放ち続けよう。

あなたが放つ想いは、闇を切り裂き光を放つ灯台のように。

大切な人を救い導くだろう。

 

338c1e39b6a7b95da0df8e4c8878ffc9_s

 

荒波を漕ぎ出す船に、一筋の光を、進むべき水先を、まっすぐに差し示すことになるだろう。

 

導こう、照らそう、と気張らなくていい。ただただ想いを解き放てばそれでいい。

照らそう照らそうと必死にならずとも、導こう導こうと焦らずとも、

あなたが投げた光が届く範囲は、大いなる宇宙の摂理によって既に決まっているから。

その摂理に従って、照らされるべき人が受け取り、導かれる人が自然に導かれるだけだ。

それらは、すべては天のさいはい。起こるべくして起こることだから。

 

だから、

無理やり光を大きくしようとしない。無理やり小さく抑え込まない。

光はただあなたの中を通り過ぎるだけだ。あなたはただただ、あなたを通してそれを差し出すだけ。

過不足ないように務めよ、完璧な調和をはかれ。

人の言うなりにならず、宇宙の均衡を保ち、天命を果たそう。

晴れの日は、健やかにのびやかに、嵐の夜には、たんたんと、光を放つだけ。

 

荒れ狂う風や波と闘う必要などない。光はすべてを凌駕するから。

あらゆるものを透明に照らすから。

 

力ずくでなくていい、ただひたすら、まっすぐに伸びていくだけでいい。

思い切り、おおらかに、のびやかに、そしてたんたんと、自然に心地よくあるよう努めよ。

 

あなたがそうあろうと決めたら、その通りにことがすすみはじめる。

あなたが放った光は自然に必要な人々に届く。

その光が自然に、人々を照らし、勇気づけ、

彼らの中でやがて前に進む勇気にかわる日が来る。

そしてそうしている限り、あなたという人間の、存在を脅かすものはなにもないのだから。

 

・・・・・・

こんにちは冨永のむ子です。

 

二極化が進んでいますね。

小さくなるな、そのまんま差し出せ、とますます言われている感覚があります。

 

どれだけ自分をそのまま差し出せるかゲームが本格化しているんでしょうね。

自分を思い切り差し出したらとてもとても快適になれる、

すべてはうまくいき猛烈に満たされる、物質的にも精神的にもね。

でもその一方で、そこに振り切れる前は、小さくなっている方がラクなのかもしれません。

 

長い歴史の中で特に日本人は長いものに巻かれ続けて来た、

小さくなって誰かに支配され依存する生き方をしてきた人が殆どだから、

その癖に気づき見直すにはそれなりの努力が必要です。

 

自分の神話を生きるより、世間の神話を何も考えずに鵜呑みにしている方が、

周囲から文句を言われないし、波風も立たないし努力もせずにすんだ。

 

あるいは、自分だけが抜きん出よう、人を踏み台にしてでもキラキラしようという努力をすれば、

努力をしていない群衆のエネルギーをごっそりもらえるから、それはそれで見返りがあった。

 

いずれも純粋な命の在り方とはちょっとずれているけど、これまではそれなりになんとかやり過ごせて来れたんですよね。

 

でも、そういう時代がもう終わりかけているのはお気づきですよね。終わりは始まりです。

 

本当の意味で豊かな時代がはじまっていくことでもあります。

それぞれが良心、真心に従って生きても大丈夫な時代というか。すべての命が等しく輝く時代というか。

 

・・もうちょっと現実的な言い方にしましょうか。

 

それは、自分が家族とか体とか、そして自分の良心・・本当の気持ちといった、

見えるものも見えないものも自分にとって本当に大切なものを大切にしても犠牲になるものが一切なくなる時代ってことです。

 

過去には例えば、正義を貫こうとする人は村八分を受けたり、

人道的なミッションを果たすためには、家族や命が犠牲になるような時代もありました。

 

でも、時代が本当に変わっていくんです。私たちしだいで。あなたしだいで!

 

大切なことを何ひとつ犠牲にすることなく、本当に魂のミッションを果たせる時代がやって来るんです!

 

なんてありがたい時代を生きているんでしょうね、私たちは。

 

ただし・・・。あなたしだいと言ったのは、そのためにたんたんと自分を差し出すことが必要です。まずは差し出す練習からかな。

 

自分が本当に大切なものを、私はこれが大切! と堂々としていられることが必要だし、

その理由や想いを説明することも必要だし、そんな自分への他者からの評価や反応に対して湧いてくる自分の感情のケアも必要です。

エネルギーのベクトルを完全に外に向ける分、しっかりと自分の内側を整えることも必要。

 

まあ、要は、ぼーっと生きてんじゃねーよ、ってことだし、

人の顔色うかがってんじゃねーよってことかな。

 

自分の頭で考え、自分の心で捉え、自分の肚で受け取る、当たり前と言えば当たり前ですが、平和ボケのあまり、それをしないでなんとかなってきてしまったんでしょうね・・。

 

そうやって、自分の魂の声から動くことを、これまでしてこなかったとしたら、それをすることは、はじめは嵐の海を漕ぎ出るような感覚かもしれないし、

時には荒波が襲い掛かってきた気がするかもしれないのですが・・・。

 

でもね、冒頭のメッセージが湧いてきた時に私も気づいたんだけども、

光って荒波や暴風雨の影響を一切受けないですよね。

 

雨も風もすべて素通しですもんね。

ただただまっすぐなんだよね。

 

魂の光も実は同じ。その存在を脅かすものは一切ないのです。

だから雑音や波風に、本当は一切動じないんですよね。

 

一見動じているように思えても、実はその感覚の方が幻で、自分が作り出しているだけ。

すべての人間は光の存在。だから放つべき光・・(伝えたい想いやありたい姿)は全員が必ず持っています。

 

でも雲が光をさえぎるように、うっかりすると心の曇り(エゴ)によって光を見失い、自分で勝手にぶれていってしまうんですよね。

でも、ぶれたら立ち戻ればいいだけ。

 

ぶれたら、立ち止まる、

ぶれたら立ち止まる、

その繰り返しも練習。

 

それに頑なに自分の軸にしがみついているよりも、アイドリングが大事でしょ。

快晴もいいけど、雲がある方が空の表情は豊かですよね。

だから、中心にある、本当の想いから離れされしなければ大丈夫。

ぶれてそっちに流れて空中分解しさえしなければね。

二極化が進む中、どうぞ自分のゆらぎも観察してあげてください。

そしてその自分のまんま、思い切り腕を伸ばし、想いを解き放とう!

 

そうしたら大切なものを何ひとつ犠牲にすることなく、魂のミッションを果たせる日が来るよ。

時にぐらぐらぶれたり、心の曇りに打ちのめされる日もあっていい、それ自体も楽しみしながら、しなやかにたくましく変容に向かっていきましょう。

 

大切なものを何ひとつ犠牲にすることなく、魂のミッションを果たすためのレッスン。

【天から与えられた使命を生きる 自分の神話塾】 でお待ちしていますね。

41期生 3月21日(土)開講です。

http://www.jibunnoshinwa.com/?page_id=2845

塾生の声はこちら

https://www.jibunnoshinwa.com/?cat=327

よくあるお問合せはこちらから

https://www.jibunnoshinwa.com/?page_id=8450

これからの人生を、心から満たされ天に使ってもらいませんか。

お待ちしていますねー。

 

 

 

それでは今日はこのへんで。

お読みくださってありがとうございます。

 

感謝をこめて

冨永のむ子

バックナンバーはこちらです。
http://www.jibunnoshinwa.com/?cat=157

 

 

●無料メールマガジン

※メルマガの内容はリンクをクリックするとごらんいただけます。そちらの画面からの登録も可能です。

※携帯メールのアドレスは、文字化けや途中で切れてしまう可能性がありますので、PCまたはスマートフォンからの登録をオススメします。

文字化けや切れてしまったメールの個別配信はしておりません。

 

から与えられた使命を生きる 自分の神話の歩き方無料メールマガジン(のむ子) 

【自分の神話の歩き方】無料メールマガジン

メールアドレス  お名前(姓名)  

 

優しい悟りにいたるための「問い気づき」無料メールマガジン(浩志)

優しい悟りにいたるための「問い気づき」 無料メールマガジン

メールアドレス  お名前(姓名)  

 

 

自分の神話の法則 10日間無料メール講座(のむ子)

人生を「自分の神話」にするための無料メール講座

使命について、宇宙やブループリントについて、本来の自分やそれを付き動かす潜在意識などついて、10日間で学べるメール講座

【自分の神話の法則】10日間無料メール講座 

メールアドレス  お名前(姓名)