fbpx

株式会社パーソナルクレド舎

真の自分らしさが目覚めると鳥肌たちまくりの毎日になるよ。

真の自分らしさが目覚めると鳥肌たちまくりの毎日になるよ。

3月 23, 2021

自分らしく生きる、

という言葉が、ずいぶん定着したというか、
みんな言ってる今日このごろですが・・。

 

私は、子どもの頃から、それを探していて、
そこを見つけるのって、なんでこんなに難しいんだろう。

って、ずっとずっと思ってました。あなたはどうですか?

 

 

だって自分らしさって、
言葉にできないんだもの。

 

身長とか名前とか、職業とか、肩書とか、収入とか、
住まいとか、そういうスペック的なことは、

いくらでも数値や言語化できるけれど

 

それが自分らしさを教えてくれるかって、ちょっと・・
いや全然違う気がして。

 

目に見える

姿かたちですら100%表現するのは不可能なのに、

そこに抽象的な性格とか気質みたいなものが
ついてまわるのだから、お手上げって感じだった。

 

だからどうしても、流行に流されてしまったり、

権威に頼ったり、人の真似しようとしてみたり・・。

私もさんざんやりました。

 

最近は、

自分らしく生きること=キラキラ起業? 
みたいな風潮になってますしね。

そういう世間の神話、他人の神話に流されて、

 

本当にそうなりたい? かわからないまま、
みんなでそれを追いかけて

 

どんどん自分から遠ざかって、

根源的なものが損なわれている人も
とても多い気がしています。

 

私も人のこと言えなくて、外に外にいろんなこと追いかけていて、
根っこなんかどこにもない上っ面だっだよ。

でもだからとても苦しかった。

でもね、大事なのは、そう! 根源的な部分。

 

自分の根っこにあるもの。根っこにはね必ずあるんですよ。

 

人がどうこうではない、
流行や風潮とは関係ないところで。

それが本当の自分らしさ、っていうんでしょうね。

で・・根源的ってことは、既にあるんですよ。

 

でもそのためには外に外に、ではなく、
自分の内側の内側の、ゆるぎない場所に
アクセスすることが必要になってくるんですよね。

 

先週の起業塾(起業家版 自分の神話塾)は二か月目。
そうやって自分の個性の象徴。シンボルを解放しました。

 

これがまさに実は生まれ持った自分らしさを象徴しているもの。

誰もが自分の潜在意識の中に持っている。

 

これを解放するには、内側へ内側へアクセス、

自分の大切な価値観や、自分がもっとも居心地の良い場所、

自分の好みや外見など視覚的な世界観も含めて、

思考をできる限りいれずに浮上させ、徐々に徐々に潜在意識にアクセスしていき、

瞑想して一気にそれを浮上させる。

みたいなやり方をします。

 

もちろん本物のシンボルを出したいならば、
当然専門的なサポートが必要だと思います。

でも、超簡易でいいならセルフワークできるかな。

興味がある方、
こちらに書いたことよかったら参考にしてくださいね。

 

 

先日、まさにいろいろワークした上で、

潜在意識から解放してもらったシンボルについて

「自分の思考やエゴで欲しいものを思い浮かべちゃったかも」

かも、と不安げな方がいました。

 

私のエゴじゃないですかね?・・と、

でもね、その直後に彼女がこんな投稿をしてくれたんです。

・・・・・・・・・・・・・

受け取ったシンボルについて、

どうしても

自分で作り出したイメージという思いが強かったので、

帰り電車の中で、

シンボルの形状を思い出しながら、

画像検索をしました。

 

すると、

授けて頂いた形と

全く同じもの見つかり、

驚いてしまいました!

(中略)

まさにこれ!

こんな事があるのですね。

本当にびっくりしています。と同時に

「この方向でいいんだ!」と心から思う事ができました。

視界がパッと開けた感じです

 

2D934E5C-ADC4-4C5D-ADB9-3813DBC15F32

 

 

そうなの、ちゃんとあるの。
 

全ての人はね、自分の方向を指し示すシンボルを既に持ってるんです。

すべての家庭に実は家紋があるようにね・・・。
(あなたのおうちの家紋が何か知ってます?)

 

シンボルって不思議で、
解放すると、明かに、その人らしい!って周囲は納得するの。

本人は?? って首ひねっている場合でも、

仲間はみんな、○○ちゃんらしいねーと、うんうん言ってる。

 

 

でも一方で、そこに宿っている可能性の9割以上は、
眠っているんですよね。

 

 

みんな自分のシンボルを調べてもらうんだけれど、
知れば知るほど色んなことを思い出したり、
つながっていったりします。

 

 

そういえば昔住んでいた場所に

シンボルの絵(とか銅像とかなんとかとか)があったとか。

 

子供の頃に愛用していたバッグに、

シンボルの刺繍がしてあった、とか、

 

 

自覚なくシンボルを自分のお店の
ディスプレイに使ってた、みたいな人もいますね。

 

極めつけは・・・、

神話塾を卒業してから出会い結婚した相手の苗字が

シンボルだったとか(笑)。

 

 

シンボルとふれあえばふれあうほど、
過去からも未来からも膨大なメッセージをキャッチできます。

そうやって少しずつ【思い出す】んですよね、

DNAに刻み込まれた宇宙の計画を!

だから鳥肌もんのことがガンガン起こる。

 

144786119_3830991350295234_3125569872583017428_n

私が、ヘナチョコでありながらも、
前に進めているのは、そういう経験を通して、

目に見えない大きな力の後押しを感じているから。

 

 

自分がわかっている自分の個性が、ごくごくわずかなのも当然。

人生は自分が生まれ持った個性をどれだけ思い出し体現できるか、の旅だから・・・。

 

 

可能性や魅力、才能、お役目・・・

自分の中に膨大に眠っているものを、いかに目覚めさせていくか。

たくさんというか99%は眠ってるんで・・(笑)

 

その10%でも発揮したら、

人生がえらいことになるんですわ(笑)

 

 

 

前回のメルマガにも書いたけれど、
私は今やりたいことがすべてできています。たっぷり寝ながら、楽しみながら。

お読みでない方こちらどーぞ。
【あなたが本当にやりたいこと=天命って知ってましたか?】

https://www.jibunnoshinwa.com/?p=15547

 

137528903_3771438946250475_3586172881800385961_n

働きマンの会社員時代よりも、
物理的な制約(子供産んだとか、体力的なこととか)が多いにもかかわらず
明らかに当時より多くのことが一気にできているのは、

そこが大きいと思っています。

 

 

これ、目の前の欲望という自我ではなく、
宇宙とつながっている自己という意味での
真の自分らしさを目覚めさせることのすごさね。

 

 

さっきの簡易なシンボル出すなら・・という記事にも書いたけれど、
プリミティブな暮らしをしている人は、
それを自然に使いこなしている。

 

 

o1080108214063035641

 

シンボルに集約されているエネルギーを
自分が身にまとい、

 

守られ、導かれ、
そして天命を果たすパワーに変えている。

 

だからほら、まああんまり言いたくないけど、
彼等は魔法(と言われるようなもの)が使えていたんですよね。

 

 

魔法本

科学が飛躍的に発展した現代社会において、
そういう原始的な、そして自然でありながらもミラクルな叡智を使いこなしていくことが、
霊的な成長、そしてそれがこれから人類が地球と共存する上で必要なんですよね。

 

天とつながりながらも、地に足をつけて生きる。

っていうね・・・・。

 

人真似のキラキラではなく、ふわふわスピリチュアルではなく、
地に足をつけて、真に自分らしくありたいと願いつつ、
どうしたらいいかわからないで躓いている方にこそ、

 

ぜひ、シンボルを手に入れてほしい、
人生に魔法をかけて!

そう思っています。

多分本来のあなたのパワーは、そんなもんじゃないからね。

もう一度、原点に返ろう

 

このタイミングで、そう願いはじめた魂がたくさんありますよね。
まっとうな人間らしい暮らしをしようと。

それはすべて原始時代からやり直し、

という意味ではなく、

 

霊的に成長しながら、

多次元的な目に見えないパワーも使いこなしながら、
 

科学と自然をうまく融合させる道なんですよね。

そしてその道こそがまさに、

自分の神話の道です。

 

 

そのためには、

あなたが真に自分らしくあることが必須なんですよね。

 

こちらやっぱ絶対読んで!笑

読んで意味不明な人からメルマガ解除の嵐になってもいいわー(笑)

 

 

シンボルを持ち、自分らしさを目覚めさせたい、

 

そう思ったあなた、
ぜひ、自分の神話塾にいらしてください。
人生はほんと短いからね。

 

https://www.jibunnoshinwa.com/?page_id=2845

 

 

 

シンボル使い倒したい神話塾のみなさまはオンラインサロンも活用してくださいねー!

パーソナルクレド舎塾生限定オンラインサロン

 

 

それでは今日はこのへんで、

 

お読みくださってありがとうございます。

 

感謝をこめて

 

冨永のむ子

 

自分の神話の歩き方無料メールマガジンバックナンバーより