fbpx

株式会社パーソナルクレド舎

天に使ってもらう人生にする

退治を対峙に変換すると、天から応援してもらえるようになるのです。
(2017/3/30)

こんにちは冨永のむ子です。

 

一昨日の夕方、

次男がケガをし顎をパックリ!

7針縫ってきました。

 

外科での処置をすませ、

お世話になっている気功の先生のところに、

その後のケアについて相談すべく電話をしたら、

「今から連れてこられる?」とのことなので、
その足で気を通してもらいに。

 

 

ケガをしたことでなぜ気功?って思う方もいるかもなので、

ブログにアップした記事お読みくださいね。

 

「 必要なプロセスを辿れば、すべてうまくいく」

http://ameblo.jp/soullifelabserendip/entry-12260390714.html

 

 

ブログは軽めにしてますが、

メルマガでは宇宙の視座から見た

本質的なこと書きますね。

 

 

西洋医学は傷の処置を重視しますよね。

 

傷は悪いものだから、ふさぎ、

炎症や嫌みや化膿などは、

出ない方がよいので薬で抑える。

 

これって 

「ケガは悪 だから退治しよう」

という考え方かな。

 

 

でもさ

宇宙の視座から見たら、

すべては天のはからい。

善悪とかなく、すべては必然なわけ。

 

 

気功法をはじめとする東洋医学の多くは、

その見方をしているんですね。

 

 

私が学んでいる気功法では、

 

 

ケガをした体の全体を観て、

必要な経過を辿るように促していきます。

 

 

私の解釈では

 

ケガを「しなければよかったこと」と扱うのではなく

ケガを通して、進化する体にしていく感じ・・。

 

 

退治するんじゃなく対峙するのね。

 

コントロールではなく、

コミュニケーションなの。

 

0329

 

対峙することによって、

必要な経過を辿ると、

完治した後には進化した体になっていくんですよね。

 

 

もちろん元通りということとは違います。

 

例えば傷は残るかもしれないけれど、

眼に見えない別の機能がものすごく発達し、

次は同じようなことが

起こらないようになったり、

早く回復するようになったりするのです。

 

ケガだけじゃなく病気も同じ。

 

体全体が学びを経て進化していくんだよね・・。

 

でも、

西洋医学で何でもかんでも薬で抑えると、

学ぶチャンスがないから弱くなるのはもちろん、

 

抑えたエネルギーは全部体内にたまり、

体の奥深くに潜在していく・・。

 

 

その潜在したものたちが年を重ねた後に、

存在を主張する・・・

 

つまり痛みや病気として

現れるんですね。

 

 

だから、

花粉症でも何でも

むやみに薬で抑えない方がいいんだけどもね・・・。

 

・・なんて書くとさ、

薬を絶対に否定したり、

 

肉や魚とか・・

最近だと、砂糖とか小麦とかも絶対食べない!!

って、きーって怒ってるおばさんみたいだけどさ。

 

そういうことじゃないよね。

 

薬だってなんだって、

天のはからいでこの地上にあるものなんだから。

 

薬はもともとは、

痛みが少しでもやわらぐなら・・とか、

命が少しでも救えないか・・という

愛から作られたもの。

 

なのに、

自己管理はちっともしないで、

すぐに薬に頼るから、おかしなことになる!

 

 

ほんっとに、

すべてのものはニュートラル。

使う側の品性によるところが大きいのです。

 

 

依存しない。ってことかな。

 

 

もちろん、

依存がダメってことでもなく

したければ、

それはもちろん自由。

 

人はどこまでも自分で決めていいのだから・・・・。

 

 

決めるのは自分。

だからすべては自己責任です。

 

 

よく、薬はダメ!とか言って、

薬とか治療を拒否する方がいるけれど、

世間の情報をうのみにしてそうしているのであれば、

それはただの怠慢だよね。

 

 

みんなそうしてるから・・、

みたいな人多すぎ! 

それじゃ、あほすぎる!

 

 

自分でちゃんと考えなはれ!!

 

 

薬を飲まないならば、

それに代わるケアについて

 

何がどう働くのか、どういう点がよいのかまで

きちんと理解した上で

自分ができることは自分でやってみたりして、

それでも手に負えない時は

科学の力に頼ったってそれはありでしょう。

 

 

お腹がすいてすいて飢え死にしそうで

目の前にカップラーメンしかなかったら、

(そんな時ないくらい今の日本は恵まれてるけどね)

食べずに死ぬ方は取らないでしょ?

 

 

科学を頭から否定するのも愚かだし

科学(世間の情報)だけを

盲目的にうのみにするのも間抜けよね。

 

 

要は、自分が納得し、

違和感のないやり方を

選択していくことが大切ですね。

 

 

大切なのは、

納得感を違和感の両方を

自分に感じさせてあげる力かな。

 

 

観察すること

感じること

冷静さ

客観性

視野の広さ

 

 

そのへんを心掛けていくと、

ものの見方や感じ方が、

天に応援されるように変わってくるんですね。

 

 

近視眼的に

 

ケガをした!

大変!

 

 

じゃなくって、

 

ケガすらも

自分を進化させるチャンスに変えられるからね。

 

 

※ただし、

これも意味があるーって、うじってしてるってことじゃないよ!

またそのへんは別の機会に!

 

 

何事も「退治しよう!」って

否定のエネルギーで向かっていったら、

否定のエネルギーが戻ってくるだけ、

 

 

それよりも

しっかと目をあけて

「対峙しよう、向き合おう」って、

ウェルカムエネルギーで眺めたら、

宇宙さんからは

ウェルカムなエネルギーがどんどん返ってくるんですよねー。

 

 

・・・

 

この次男のケガのおかげで

私自身もあらためて

宇宙の視座に立たせていただきました。

 

 

何事も、やみくもに退治せず、

しっかりと対峙する(向き合う)こと、

向き合うっていうと、なんだか怖いけど、

それほど厳しくなくっていいんです。

 

ただ見つめる・・・、

そうね、ただ目の前を眺める・・。

斜めに見ないで「向かい合う」って感じかな。

 

深刻にならずに

でも真剣に、目の前と

向かい合っていきたいですね。

 

・・

 

ああ、

あなたの目の前にあるものと、

ちゃんと向かい合うのにオススメなのは、

魂の声を観る、コラージュリーディングかな。

 

4月23日(日)受付開始いたします。

日曜日開催は、めったにいたしませんので、

ご都合つくかたチャンスかもですねー。

https://www.jibunnoshinwa.com/?page_id=1868

 

 

自分の神話の歩き方無料メールマガジンバックナンバー

 

 

天から与えられた使命に目覚める講座一覧

 

●無料メールマガジン

※携帯メールのアドレスは、文字化けや途中で切れてしまう可能性がありますので、PCまたはスマートフォンからの登録をオススメします。

文字化けや切れてしまったメールの個別配信はしておりません。

 

天から与えられた使命を生きるためのヒントをお届けするメールマガジン 

【自分の神話の歩き方】無料メール講座

メールアドレス  お名前(姓名)  

 

 

10日間無料メール講座

人生を「自分の神話」にするための無料メール講座

使命について、宇宙やブループリントについて、本来の自分やそれを付き動かす潜在意識などついて、10日間で学べるメール講座

【自分の神話の法則】10日間無料メール講座

メールアドレス  お名前(姓名)