株式会社パーソナルクレド舎

天から与えられた使命を生きる。

あなたが生きている理由
(2018/8/8)

こんにちは冨永のむ子です。

ちょっと前ですが、夫と次男が夫の故郷である福岡に帰省していました。

 

 

受験生の長男と私はお留守番。

 

あ、受験生だから旅行に行っちゃだめとか、勉強しろとか親は言わないよ。

 

 

本当は部活を引退し、時間あるはずだから、この夏は兄の住むカナダに行くつもりでいたんだけども・・・

本人が、旅行に行かずに勉強したいって言ったのでした。

 

 

受験勉強について・・・本人がやると言ってるので、その応援はします。

 

 

でも、はっきり言って、偏差値の高い学校に入ったって生きる力がつくわけじゃない。

 

ぶっちゃけどこへ行ったっていいんだよ。大切なのは置かれた場所でどう生きるかだから。

(親のエゴとしては、近いところがいいなー、早起きやだもんなーとかはあるけど 笑 )

 

 

必死こいて偏差値の高い学校に入ったって、それで人生終わりではない。

生きる力、自分で考えて切り開く力がないと、

むしろそういう学校出たことが、かえってマイナスに働くことだってあるもの。

 

 

私は、高校も大学も、いわゆる偏差値の高い学校を出たので、

知識だけ詰め込まれて生きる力がないのにプライド高すぎて苦しんでいる人をたくさん知ってます。

 

そういう人の多くは、親の言うなりにエリートコースを盲目的に歩かされてきた人。

 

これ、学校の勉強だけじゃなく、スポーツなどの英才教育もしかりね。

 

学業でもスポーツでもあまりにも適正がない場合は別として、

マニュアルに沿ってエネルギー(時間やお金)を注げば、ある程度の成果は出せます。

(オリンピックなのか、インターハイ出場なのかとか、それなりに差はあるけれど・・)

 

でも・・その成果は一時的なもので、それが生涯の幸せを保証するはずなんかない。

そしてその目標を達成してからも人生は続くわけで・・・、

 

例えば、甲子園を沸かせ、華々しく活躍したプロ野球選手ですら、覚せい剤にまみれて人生を棒に振ってしまうんだもの。

(もちろんそこからやり直せばいいだけだけど)

 

学力や運動能力・・そして、負けん気はある程度は必要だけど、それだけでは真に豊かな人生を創造できないんですよね。

 

特にこれからの時代は・・ハートによるところがとてもとても大きいので・・。

 

・・・

 

話は少しそれますが、夫と次男が帰省している中で、お留守番チームも夏休み気分を味わうべく、

ささやかな楽しみを見つけるべく過ごしました。

ブログに写真などアップしました。

https://ameblo.jp/soullifelabserendip/entry-12394608472.html

 

ブログの記事の最後に、

 

「ほんのちょっとの工夫で、自分や家族をご機嫌にすることはできる」って書きました。

 

クリエイティビティ・・創造性って、いわゆるクリエイターやアーティストだけの特権じゃない。

 

クリエイティビティを芸術作品を生み出すためのものだと思い込んだら、普通の人は使うことができません。

 

でも、クリエイティビティって、創造主・・・神様のエッセンスだから、

ありがたく使わせていただけば毎日が楽しいよ!

 

神様は、一部の人にしか使わせないなんて、せこいことしないし!

 

誰でも、いくらでも、自分なりに使えばいいの。楽しめばいいの。

 

 

普通の平凡な毎日を、より楽しくご機嫌なものにするために使おうとすれば、その想いを創造主・・・神様は汲んでくれる。

 

自らの創造性が増し、日々の暮らしのそこかしこに、創造主の息吹を感じられるようになってくる。

 

 

そう、創造主‥神様でもおてんとうさまでも、宇宙でもハイヤーセルフでも、

はたまたソースでもなんでも、呼び方はなんでもいいけど、

目に見えない大きな存在と共にあるために、特別なことをする必要はありません。

 

 

スピリチュアルワークに、どっぷりつかる必要なんかない!

学びとか修行とか浄化とか、そんなのに囚われたらむしろ人生が狂います。

 

 

もちろん、したくてたまらなければそうするのは自由だし、

神業にいそしむことそのものがミッションという方は別だけど・・。

 

普通に当たり前に社会生活を営むことがミッションにもかかわらず

特殊な「方法」に囚われている人が、多すぎる気がします。

 

 

これ・・、冒頭にあげた、知識や技術一辺倒の、結果主義の教育の弊害じゃないかな。

 

自分が何のために勉強やスポーツに励むのか、そこがすっぽり抜け落ちたまんま、

「合格」とか「優勝」というニンジンを目の前にぶらさげられて盲目的に走らされて生きてきたら、

どうしたってそうなるわな。

 

 

目の前に提示される宿題や、練習メニューをもくもくとこなしさえすれば、何とかなると思ってしまう。

「ただやればいい」っていう受け身の意識となる。

 

何のためだっけと目的意識・・・大きな視野で物事をとらえられない。

宇宙の一部なのに、宇宙の視座が抜け落ち、

生きることそのものが目的なのに、そのプロセスを楽しむことができていない。

 

それは、宇宙の一員としてものすごく不自然だから、当然ながら、欠落感、欠乏感が湧く。

それを埋めるためのますます外に何かを追い求める。

 

思考ばかりめぐらせ、心で感じることをせず、目的ではなく「方法」に囚われていく・・・。

 

 

目の前の問題を解決するために出会った自己啓発的なことや、

「スピリチュアル」なことやものに囚われて、気づくと目の前の生活が崩壊してしまう。

 

自分の軸がほしくて出会った智慧や手法、その特別さや特殊さに目を奪われ、欲をかき、

自分軸が見つからないどころか、さらに見失い、本来の自分から遠ざかっていく・・、

 

あなたは、それでいいかしら?

 

あなたの居場所はどこですか?

 

あなたはいったい誰ですか?

 

特別な場所で、特別な存在でなければ、ならない理由はなんですか?

 

それらを手にしたら、あなたは満足ですか?

そんなことないでしょ。

 

目を覚まそうよ!

何のために生きているのか。何のために、それを学ぼうとしたのかを・・。

 

・・大切なことはすべて目の前にあります。

知りたいことの答は、すべて自らの中にあります。

 

必要なのは、そこに意識を向け切ることであり、ちゃんと最後まで耳を傾けること。

 

遠くばかりを見て、人に何でも教えてもらおうと甘えていてはダメ!

 

魔の手にしのびよられて、自分を見失い、最も大切なものを失いそうになるからさ。

 

ささやかな日常を、まずは楽しみましょう。あなたの中の創造性を目覚めさせよう。

 

そのために、まずは日々をご機嫌に暮らすところからはじめません?

たいした時間やお金はかからないし、いつでもどこでもできる。

 

自らの中にある創造性を掘り起こそうとしたら創造主は必ず応援してくれるからさ。

 

目を凝らして世界を眺めてみて!この世界は美しさにあふれているのだから! 

 

 

というわけで今日はこのへんで。お読みくださってありがとうございます。

 

感謝をこめて 冨永のむ子

 

 

●無料メールマガジン

※メルマガの内容はリンクをクリックするとごらんいただけます。そちらの画面からの登録も可能です。

※携帯メールのアドレスは、文字化けや途中で切れてしまう可能性がありますので、PCまたはスマートフォンからの登録をオススメします。

文字化けや切れてしまったメールの個別配信はしておりません。

 

から与えられた使命を生きる 自分の神話の歩き方無料メールマガジン(のむ子) 

 【自分の神話の歩き方】無料メールマガジン

メールアドレス  お名前(姓名)  

 

優しい悟りにいたるための「問い気づき」無料メールマガジン(浩志)

優しい悟りにいたるための「問い気づき」 無料メールマガジン

メールアドレス  お名前(姓名)  

 

 

自分の神話の法則 10日間無料メール講座(のむ子)

人生を「自分の神話」にするための無料メール講座

使命について、宇宙やブループリントについて、本来の自分やそれを付き動かす潜在意識などついて、10日間で学べるメール講座

 【自分の神話の法則】10日間無料メール講座 

メールアドレス  お名前(姓名)