fbpx

株式会社パーソナルクレド舎

自分以外の誰かになれないのではなく【今】の自分以外の自分にもなれないから。池江璃花子選手が代表に選ばれたのは・・・。

自分以外の誰かになれないのではなく【今】の自分以外の自分にもなれないから。池江璃花子選手が代表に選ばれたのは・・・。

4月 9, 2021

新しいメール講座に入れる
「宇宙の視座」についての音声記事を録音していたら、

 

そのそばから、
バンバンいろいろ降りてくるわくるわで・・

 

話し出したら止まらなかったんだけど

 

これ長すぎだし、賞味期限あるよね?

と思ったので、割愛した話。

 

もったいないから(笑)みなさまにシェアいたします。

競泳の池江璃花子選手が
オリンピック代表に決まった直後、

事前に制作された
相葉雅紀くんとの対談をちらっと見たんです。

 

彼女が、
 

今の自分の目指すステージは

オリンピックじゃない。

 

今の自分の最高記録を更新していくこと。

 

そのために必要なことをすること、

体力や筋力をつけること

 

 

今の自分」が
目指すステージはオリンピックじゃない。

と何度も何度もおっしゃっていたのが印象的で

 

もしかしたら、自分自身にも

言い聞かせていたのかなあ。

 

世界チャンピオン

当然のはずだったオリンピック
 

から・・

まさかの闘病生活へ突き落られて。

 

でもそこから

第二の水泳人生がスタートして・・・。

 

彼女は宇宙の視座で、

とてもとても高い視点から、

自分や世界を眺めることができているなあ。

 

今、ここ、自分にいられている方だなあと。

 

意識の年齢のなんと高いこと!

 

「私は世界記録保持者なのに!」

って闘病前の自分にしがみついて

動かない体に駄々こねていたら、

 

焦るだけだったろうし、

取り組むメニューを誤ったかもしれない。

登山でいうと登るルート誤った感じ?

 

そうだったら、
五輪代表の切符や、
あの嬉し涙はなかったんじゃないかな。

 

あれだけの栄光を若くして味わった人が、

 

その地位を手放し、

今の自分を受け容れることは、

想像を絶する。

 

でも、

想像を絶しようが、
なんだろうが、

 

どんな場合でも、

 

【今のここの自分】でしか

前には進むことはない。

 

自分以外の誰かに

なれないだけじゃなく

今の自分以外の自分にも

なれないんだから。。。

 

 

でも人ってすぐに

自分以外の誰かになりたくなっちゃうし、

過去の栄光があればそれにすがりたくなっちゃうし。

 

そして、

望むものはすぐに手にしたく

なっちゃう生き物ですよね。

 

私もそうだけど。

 

でも、

目指す山が高ければ高いほど、

今の自分とギャップがあるのは当然で。

 

 

だからこそ、

進み方も工夫が必要。

 

工夫と努力。

 

すべきはシンプルに努力であって、

しなくてもいい我慢や苦しみではない。

 

 

池江選手が、

全く苦しまなかったとは思わないし、
我慢もあっただろうけれど、

 

そこに使うエネルギーもすべて、
努力に集約させたはずです。

 

動かない体に駄々をこねたり、
こんなはずじゃないって地団駄踏むより、

 

今の自分に必要な
トレーニングをする。

大切な命(時間)の使いみちをそこにあてた。

 

泳げるだけでほんとうに嬉しい。

プールに戻った時のはじけるような笑顔は本物でしょう。

 

メダリストを目指すということ以上の
純粋な気持ちがあったんでしょう。

 

自分が心から愛している水泳を、

もう一度本気でやりたい、
そしてやるっていう選択をした。

 

もちろんオリンピックに行くという

夢や願いや目標だって大事だろうけれど、

 

純粋に泳ぐことの喜び、そこにフォーカスした。

 

そんな彼女に
天はご褒美をくれたんでしょうね。

 

その五輪の切符というご褒美以上に嬉しかったのは、

そこ舞台で泳ぐことができることそのものなんでしょうね。

 

スポーツは結果がすべての世界でもあるけれど、

 

その一方で、
人の心を動かすのは記録ではなく記憶

記憶に残る姿ってその人の取り組み姿勢や、

プロセスそのものが投影する。

そして天が応援するのもそこ。

 

14705722_1197281873666208_2748496264135548230_n

天命での起業も全く同じで、

 

プロセスそのものが豊かさや喜び、
そして真剣に努力する姿を
おてんとうさまは見ています。

 

だからただただゴールめがけて、
馬車馬のように苦しんでいると、
天は応援しないし、それだと続かない。

 

ビジョンを実現することは、
当然大事だけれど、

 

そこに囚われたら苦しいから、
そこまでの道のりも楽しむこと。

 

そうじゃないと、
喜びも豊かさも得られない。

 

そのためにも
天命で事業したいなら、

常に自分や、自分の現在地を
把握しておくことがとっても大事だと思います。

 

理想は高くていい、
高い山を目指すのは素晴らしい。

 

でも、
今の自分の能力や体力や
マインドにそぐわない登り方をしたら、

結局たどり着けないから・・。

今の自分からはじめないと
空中分解してしまう。

 

等身大の自分が、

ベストコンディションでできることを

たんたんと、そして楽しみながらすることなんだろうなと。

このへんもぜひ読んでくださいねー。

 

 

セルフイメージをニュートラルにしていく・・
余計なエゴをはらうのに、私が猛烈におすすめなのは、くりかえしすぎてますが(笑)
チャクラのクリアリングです。

池江璃花子選手のように、

そこにすんなりと(かどうかわからんが)移行できる人は、

意識の年齢(精神年齢)が高い。

体を整えて、好きなことを楽しみ、
そしてメンタルが鍛えられているって

人間の霊的成長のシステムにばっちり沿ってるんですね。

 

だから意識の年齢がしっかりあがっている。

大人になっても駄々こねたくなったり、

あれってもがきたくなるのは、

意識の年齢をあげるプロセスを経ていないからだったりするので・・・。

そのメカニズムもすべて、

チャクラのシステムで理解することが可能です。

チャクラについては、
かなり知っているつもりでしたが、

これほどシステマチックな内容は、
本にも書いていないし聞いたことがなかったです。

という声を、
既にチャクラのことを教えていらっしゃるセラピストさんからも
多々いただいております。

ここでしか聞けないお話をさせていただいていますので、こちらをどうぞ。