天から与えられた使命を生きる 【自分の神話の歩き方】 無料メール講座

メールアドレス  お名前(姓名)  

天から与えられた使命を生きる。

使命を生きるための【自分の神話塾】
(2014/5/24)

 

 

 

 

自分の神話塾 よくあるご質問
(2013/12/19)

 

自分の神話塾について、

よくある質問をこちらにまとめさせていただきます。

 

Q グループセッション日程全てに参加できなかった場合はどうなりますか?

 

A 基本は全日程参加が原則ですが、どうしても日程が合わない場合や、やむを得ず欠席となった場合は補講など個別に相談させていただきます

  (なおグループセッション四日間のうち、二日以上ご欠席される場合は、状況によっては、

別の期で受講し直していただく場合があります。あらかじめご了承ください。)

 

 

Q 地方に住んでいるので、二回の個人セッションに通うのが難しいのですが・・・。

  

A スカイプでのセッションも可能です。

 

 

 

Q 参加費は分割でもOKですか?

 

A 分割6かいまでで承っています。個別にご相談ください。

 なお初回受講以降のご欠席についても受講料の返金や分割のご解約はできませんので、ご了承ください。

 

Q 単発の講座との違いを教えてください。

A 単発の講座は、その場その場での、

個々のテーマの学びや課題解決の場としてご用意しています。

 

自分の神話塾は、人生全体を包括し、魂が望んだ人生を生きるための講座として、

生まれ持った人生の設計図の青写真(ブループリント)解放し、それに沿っていきる方法をお伝えします。

ブループリントに沿って生きれば、人生全体が自然に一番いいふうになるので、ビジネスやパートナーシップなど、

個々のテーマにおける課題も自然に解決していきますが、そうなっていくためにはそれなりの時間が必要となります。

 

ご自分の軸が明確で、個々のテーマに関してブレイクスルーしたい方、課題が明らかでそこを解決したい方には単発講座をおすすめします。

自分の軸が不明確な方、人生全体の質をあげていきたい方には、自分の神話塾をおススメします。

ただし、いずれの講座についても、ご自分の意志で積極的に学びを深め進化していこうという意図を持ったうえでご参加くださいまるようお願いいたします。

受講しただけで何とかなるという受け身でのご参加や、人から何かを言われたくないという方は、望んだ効果を得ることはできません。

 

 

Q.必ず期間内にシンボルやパーソナルクレドが浮かんできますか?

 

A この講座は 自分の意志で自分の神話を創造して生きていくことを決めた方が、自分と対話し、内なる神を目覚めさせる講座です。

受け身で講座を受けただけで、何かが変わることを期待する方はご遠慮ください。

趣旨をご理解いただいた上で、

ご自身で自分の中の神様やブループリントを生きると決めて必要な課題に取り組んでいただけば、必ず浮かんでいきます。

 

その他 ご不明な点があれば、info@personalcredo.com  まで遠慮なくご相談ください。

 

 

 

冬至まで続く、陰のエネルギーを味方にしたければ。
(2013/12/19)

 

今年の秋口は、ものすごい陰のエネルギーが来ています。

冬至まで続くこのエネルギーに翻弄されている方も多いのでは

特に、昨日は満月で、浄化のパワーもひとしお。
自分の神話元年の今年最後の浄化キャンペーンといったところでしょうか。

このものすごいエネルギーのうねりの中で、
自分の中のエネルギーを整えてる方法としては、この流れに身を委ねることが一番近道。

陰のタイミングには、陰をとことん極める。

自分の身に襲いかかる、ショックなできごと、悲しいことなど、
一見自分にとって不都合に感じるできごとから逃げずに、

自暴自棄にならず、そこにどっぷりつかりながら、その奥にあるメッセージを感じること。
闇が濃ければ濃い分、陽に転換した時の光はまぶしくなるのです。

わー、っとやってきたので、とりあえず。

感謝をこめて

自分の原点を思い出す仕組みとして、活用しています。
(2013/11/19)

2012年 2013年 ミシュランに掲載された 湯河原の旅館、料亭小宿 ふかざわ

 

小さなお宿は、お庭はありません。

建物も豪華で立派とはお世辞にも言えません。なのになぜ?

成功し続けられるかどうかは、根っこの大きさしだい。
(2013/11/19)

 

創業200年以上存続している企業は、

世界で5586社(2013年現在)ありますが、

その約半数が日本に集中していることをご存じですか?

 

200年以上もの間、 豊かさが継続している老舗の会社。

その共通点は【本業に集中していること】です。

 

欧米型の経営は、効率重視、 売上のためだけに、

投資や多角化など、小手先のテクニックに 走る、

ファーストフード的経営(が多い)。

 

飛ぶ鳥を打ち落とすごとく、

羽振りが良い時期はあっても、

その多くが、バブル崩壊や、

リーマンショックで簡単に倒れてしまったんですね。

 

一方、従来の日本型の経営をしている企業は、 本業を大切にしている会社です。

 

自社のBeingと、使命(本業)を大切にしている企業は、 外的要因には、びくともしない。

 

景気に左右されない土台ができているからです。

 

 

自分専用のバイブルを作らせていただいた方に

旅館の女将さんがいます。

 

 

彼女の旅館は、 2011年の震災直後、

周囲のどこの旅館も 予約がキャンセルになった時も、

お客様が途切れることがなく、

 

「辛い時だからこそ、ここに来たかった」と

言ってくださる お客様に支えられたそうです。

 

 

彼女が後を継いだのは、

社員旅行ブームの時代が終わろうとしていたので、

団体客がメインだったのが、

旅館の在り方から見直すタイミングだったそうです。

 

 

その旅館は、おかみさんいわく  

 

うちはお庭もないし、建物も立派じゃない。

 

だから

 

団体ではなく、

個人のお客様をメインにして、

お一人お一人の心に寄り添うように、

働く人の心で勝負しようと、

 

決心し、

 

女将となってから、

とにかく人を育てることに集中した。

 

女将の考えがあわずに去った人がいたり、

結果が出るまでには時間がかかり、

苦しい時期もあったそうです。

 

リフォームとか、システム云々とか、

表面的なアドバイスもたくさんあったそう。

 

 

でも、彼女は自分の神様の声に従い、

旅館の在り方、Beingをゆるがせず、

そこを整えることに時間を使った。

 

 

やがて 3年たち、5年たち、

 

2011年には、

常時90%以上の稼働率となり、

 

2012年と13年には、

2年連続で、

ミシュランに載るまでになりました。

 

~湯河原、料亭小宿 ふかざわ~

 

「ありがたい奇跡がたくさん起きるの~」と女将さんの

深澤里奈子さんはいつもきらきらした笑顔で話してくれます。

 

 

それらの結果はすべて、

彼女が自分のお宿のBeingからはなれずに、

その根っこを育てることに取り組んだからなんですね。

 

 

根っこを育てるまでには時間も信念も必要だけど、

育てば必ず大輪の花が咲く見本のようですね。

 

彼女は迷った時、

 

自分専用のバイブルを使って、

原点に立ち戻るようにしてくださっているそうです。

 

Photo_RinaFukazawa

 

彼女からいただいたコメントはこちらです。

 

感謝をこめて