fbpx

株式会社パーソナルクレド舎

本質とつながり、今の自分に必要なメッセージを受け取る自動書記講座シリーズ(オンライン)

本質とつながり、本質的な生き方に向かう。

自分の中の創造性を目覚めさせ発揮するオンライン講座


本講座の受付は、受付上の都合からメルマガからのみとなります。興味のある方はご登録ください。

メールアドレス  お名前(姓名)  

 icloud.及び携帯のアドレス(.docomo.ne.jp など)は届かない可能性が高いので、PCのアドレス(Gmailなど)のアドレスを登録ください。

 

・うなっても、うなっても見つからないアイデア

・どちらを選ぶべきなのか、決めきれない選択肢

・前に進むために、今何をどうしたらいいのか

・今、私が一番大事にするべきことはいった何なのか。

・堂々巡りばかりしている困難な状況を脱出する突破口

・・・といった、

宇宙のどこかに既にある、今のあなたに必要な答を、あなたのもとにすっと降ろす。

そんな体験を通して、宇宙という本質とつながるコツやきっかけを体感ください。

最新日程  受付はメルマガから行います。

■9月スタートの会 満席となりました

講座1:9月6日(月) 講座2:9月27日(月) 講座3:10月12日(火) 講座4:10月25日(月) 講座5:11月1日(月) 

■10月スタートの会
講座1:10月21日(木)講座2:11月25日(木)講座3:12月9日(木)講座4:1月18日(火) 講座5:2月15日(火)

いずれも10:00~13:00 (進捗状況や人数によって30分くらい前後する場合があります)

 

講座の目玉は【自動書記】&【抽象の階段の昇り降り】です。

3269016_m

自動書記とは、

思考を通さずに、必要な言葉が湧き、それが文字となっておりてくる状態を指します。

 

自動書記についてはこちら

 

私、冨永のむ子のガイドで実現していただく自動書記は、


最も高い視座のエネルギーで自分を満たし、

その高次のエネルギーを言葉にすること。

 

講座では、潜在しているものも含めた
あなたの全身全霊のエネルギーを手に集めて流していただきます。

こうなりたいとか、こう思われたいといった、自我の自分を超えたところにいる
宇宙とつながったあなたの本質とつながり、そこからのメッセージを受け取っていくのです。

 

受け取った時の感覚・生の声はこちらをどうぞ。

 

gettyimages-129301139-612x612

 

メッセージをダウンロードするには、
エゴを手放し、本来の自分らしい感性を取り戻す必要があります。

さらにダウンロードした情報を生かしきるためには、
そこに記された深い意図を理解する力も重要です。

その意図を組み、現実を創造するのに有効なのが、抽象の階段を昇り降りすること。

 

そこで、自動書記の前後も含め、
5つのシリーズ講座として、提供させていただきます。

講座1)【感性の経路のつまりをとる】

チャクラの簡単なお掃除と、、
ゾーン・フローな状態に自分を持っていく方法をお伝えします。

クリアリングのワークそのものよりもはるかに重要なのは、それ以外の時間をどう過ごすか。

いかにリラックスして、自分に集中できるか、です。

そのために必要な心の使い方、意識の使い方、日々の過ごし方などについても、それぞれに必要な内容を個別にできる限りお伝えいたします。

 

講座2【直観体質を取り戻すワーク】)

ステージアップのために今の自分に必要なことを《目視》する体験。

パーソナルクレド舎オリジナルワーク

【コラージュリーディング】を使って

・未来の自分からのメッセージを受け取っていきます。
・無意識に設けた枠を取り外し、本来持っているセンサーを開きます。

アイデアが沸きやすい本来の直観体質を取り戻しましょう。

※ここで制作するコラージュは、多次元のパラレルにあなたをお連れし、今のあなたに必要なメッセージを自分が取ってくる内容になります。
いわゆるよくある顕在意識上の欲望を貼るコラージュではありません。

 そちらについてはこちらをどうぞ。

この2つは準備体操的な位置づけです。

思考が凝りをほごし、宇宙とつながるアンテナを立てていきます。

それができている前提で以下のワークを提供いたします。

講座3【内なる本物のワクワクを知る】

決断力・判断力・段取り力を磨きながら、
内なる本来のワクワク感を取り戻すワーク 

こちらも講座2と同じ、
コラージュリーディングを用いますが、

2)とは全く異なるアプローチで、
あなたにハートからの満たされた感覚と、
本来もっているインスピレーションを刺激するワークです。

 

美しさ、心地よさ、清らかさ、優しさ、素朴さ、
みずみずしさ、ダイナミックさなどなど・・・。

あなたの中に流れる本質のエネルギーにふれる体験ができます。

インスタ映えやキラキラ起業に無理やり背伸びして、
疲れ果てた自分に気づいた、そんなタイミングの方などには、
本来のあなたの才能や魅力に目覚めるために超おすすめいたします。

 

講座4【自動書記】
本質とつながり内なるメッセージを言語化するワーク 

こちらはこれまでお話してきた通りで、

思考を通さずに、今の自分にとって必要な言葉が湧き、

それが文字となっておりてくる。

その体験をしていただきます。

 

今のあなたに最も必要なメッセージを、
多次元の世界とつながって自分の手で受け取る体験は、あなたに本来のパワーを与えてくれるはずです。

※自動書記は、自分のエネルギーを呼び戻すスイッチが必要なので、

3)で取り戻した感覚や、3)で作ったコラージュを用いて、

自動書記の世界へいざなわせていただきます。

自分の神話塾メンバーは、シンボルを使って行うことができます。

※そのために講座4の受講は、
講座3 または 自分の神話塾自分の神話で起業する塾の、受講が条件となります。

今の自分へのメッセージと、命の計画パーソナルクレドの違いはこちらをどうぞ

 

そして・・・

講座4 で言葉にしたメッセージは、具体的に実現してこそはじめて現実を変えていきますので、
メッセージを受け取った方のためのアフター講座として、
地に足をつけ具体化していくサポートもご用意しました。

講座5【具現化脳の筋トレ】抽象の階段の昇り降りワーク 

 

想いやビジョンをスムーズに具現化するために必要なのは、
気合や根性ではなく、そして誰かにブロックを解除してもらうようなことではなく、

シンプルに、実現に必要な思考でいられるか、

つまり脳にそれにふさわしい適切な指令が出せるかどうかです。

この、抽象の階段の昇り降りができるようになると、

・地に足がつきます。

・物事が、具体化するスピードが一気に増します。
・一つのものごとから、受け取れる気づきの量が5倍にも10倍にもなります(個人差はあります)
・大いなる流れに、楽しみながら乗る力がつきます。

4)で受け取ったメッセージを使いながら、具現化できる脳を鍛える方法をお届けします。

抽象の登り降りってどういうことか?こちらの音声もどうぞ 

 

 

以上が 
【今の自分に必要なメッセージを受け取る講座シリーズ】の概要です。

基本的に単発受講が可能ですが

4)と5)については、それぞれ前のコマを受講いただく必要がありますのでご注意ください

ただし

【自分の神話塾】および【自分の神話で起業する塾】の塾生は、

解放したシンボルとパーソナルクレドを使って
【自動書記】も、【具現化脳の筋トレ】が可能ですので、

すべての講座について単発受講いただけます。

パーソナルクレド舎オンラインサロンメンバーには別日程で開催枠を設ける予定でおります。

~募集要項~ 

参加費:
1コマ 3時間 4名限定  

定価:単発受講 各回30,000円 5コマセット受講で、125,000円  

のところ・・。

 

パーソナルクレド舎 設立10周年の感謝企画として、

1)年内のお申し込み分については、

単発受講:25000円

5コマセット受講:100,000円

にて提供いたします!

 

2)年内に開講する

【自分の神話塾】【自分の神話で起業する塾】【チャクラクリアリング塾】をお申込みの方には、

上記お好きな講座一コマをプレゼントいたします。

なお、講座の中でも可能な限りメッセージを受け取る方法などは随時、
お伝えさせていただきます。

特に、自分の神話で起業する塾では、ビジネスの実務の際、

具体的に抽象度の上げ下げを意識して取り組んでいただくことで、

本質をつかみそれを実現する力を高めていただけるようサポートしますので、

一度の体験ではなく、より深く本質とつながり、
世界に本質的なかかわり方をしたいという方は、自分の神話塾、自分の神話で起業する塾を、あわせてぜひご利用ください。

自分の神話塾と こちらの講座との違いはこちらをどうぞ。

 


こちらの講座の受付は、受付上の都合からメールマガジンからのみとさせていただきます。ご興味のある方はメルマガからご登録ください。

 

 

 登録無料

メールアドレス  お名前(姓名)  

 メールが届かない方は personalcredo@reservestock.jp のドメインを受信設定にしてみてくださいね。
icloud.及び携帯のアドレス(.docomo.ne.jp など)は届かない可能性が高いので、
PCのアドレス(Gmailなど)のアドレスを登録ください。

 

 

↓受講者の声↓