天から与えられた使命を生きる 【自分の神話の歩き方】 無料メール講座

メールアドレス  お名前(姓名)  

天から与えられた使命を生きる。

生まれて初めて地に足がついた感覚を味わいました。
(2016/3/17)

半年間ありがとうございました。

最後のグループセッションの翌日、

なんだかゆっくりと講座の余韻を味わいたくなり、仕事を休み、

家の掃除・洗濯をし、瞑想をして、

先日購入したお気に入りのハーブティーをいただきながら窓を眺めていたら、

洗濯物が陽の光を浴びながら風に揺られていて。

 

あ、豊かだな、としみじみ感じました。

 

皆さんのコミュニティの中での投稿を拝見して、みんな私と同じような思いを抱えていたのだなと

改めて知るとともに、そこからの思いや言葉、日常の素晴らしさに感動しておりました。

半年前の、こちらに投稿した自己紹介メッセージも改めて読みましたが、

まぁ~自分に自信がなくて、地に足がついてなくて空回りで不安ばかりが募っていたなぁと、

これもまた、しみじみ思いました。

 

これまでの学びの中で、またのむ子さんとのセッションを経て、

むやみやたらに自信を持つことを目指すのではなく、

今の自分を認め、受け入れることが、私の場合何よりも先だと思いました。

 

自信をなくすのも不安になるのも、

今の自分と、憧れていた人間像がかけ離れているから=自分を認め受け入れてないからと気づいた時、

また、今の自分でOKなんだと理解した時、生まれて初めて地に足がついた感覚を味わいました。

 

「地に足がつく」とは、やりがいのある仕事をし、

周囲から認められて、それなりの収入を手にする環境が整って、

初めて味わう感覚なのだと思っていました。

 

私は気が利かないし、頭の回転も速い方ではありません。
ウィットに富んだ会話もできません。

すぐにいろいろなことを忘れてしまうし、リスクヘッジも苦手です。

欠陥箇所がとても多い。。。

 

でも、自分は…そんなはずはないんだと、、、環境のせいだと、

家庭のせいだと、目に見えない何かのせいだと、無意識に他責の道を突き進み、

恥ずかしながらどこかで自分に対して、的外れな期待をかけ続けていました。

 

何十年もずーっと自分にOKを出せず、結果、いつもいつも疲れていました。

欠落した部分が多いかもしれない。
でもそれでもOK。それが自分と諦め、受け止めました。

それも天の大きな采配、計らいの中にあって、

そういう状態で私を誕生させたのだからそれにも意味があって、

そんな私だからこその使命もあるんじゃないのかなと思うようになりました。

 

そしてパーソナルクレドを手に入れ、自分のベースが固まりました。

 

とはいえ、
肩に力が入り過ぎないようリラックス!
そしてジャッジをしないでニュートラルに! ですね!

トレーニング、続けています。
最近、成果が出始めてきたような気がします。

相変わらずイライラすることはあるけれど、ジタバタすることが減ってきました。

 

次は
自分で自分を楽しませること。
幸せにすること。
(まだまだ幼稚でした。。。本当の自立を目指します!)

 

日に日に自分と同化していくパーソナルクレドとともに

『なるようになれ』と天に明け渡し、目の前に現れた事象は淡々と受け入れていくこと。

 

日常を作業にしないこと。
心穏やかに生きること。

やってまいります。

 

30代 女性 千葉県在住 会社員 

 

・・・・・・・・・・

ありがとうございます。自分の神話塾の最新情報はこちらです。