天から与えられた使命を生きる 【自分の神話の歩き方】 無料メール講座

メールアドレス  お名前(姓名)  

天から与えられた使命を生きる。

人間としての軸 
(2017/5/10)

こんにちは冨永ひろしです。

 

久しぶりのメルマガになります。

 

 

「優しい悟りにいたるための問い気づき講座」は、

3月末でモニター価格での講座を終えました。

 

 

5月以降は新たな展開に入ってきています。

 

 

メルマガ、講座とも、優しい悟りというベースは不変ですが、

自分の軸を作っていくということを新たに付加していきます。

 

 

それでははじめていきます。

 

 

優しい悟りに入っていくということは、

自分の軸を再発見していくこと、

そして軸を太くしていき、軸に沿って生きていくことです。

 

 

 

軸とは、

宇宙の摂理に基づいている全ての人共通の「宇宙軸」と、

自分のDNAや経験や環境によって

育まれてきた個性を大切にする「あるがまま軸」との

二つが合わさって

人間としての軸が構成されています。

 

 

 

宇宙軸は、宇宙の摂理に沿って生きていこうとすると強まり、

世間の常識に染まってくると軸が弱まります。

 

 

 

あるがまま軸は、

自分を大切にし、個性を活かし、あるがままでいると強まり、

 

今の生き方に疑問や不安を感じたり、

自分の個性を否定すると弱まってきます。

 

 

 

生まれた時には誰しも宇宙軸、

あるがまま軸をしっかり持っています。

 

「おぎゃー」と生まれてきて、最初はあるがまま、感ずるままです。

 

 

しかし成長していく過程で、

他の人と同じであること、いい子でいることを求められます。

 

 

横並び意識や、空気を読むこと、

今流行りの言葉で言うと忖度(そんたく)が求められたりして、

段々と個性やあるがまま軸が薄れてきます。

 

 

近代の理性教育の結果、

自分が見えなくなり、何がしたいか見えなくなってきています。

制度に支配され、常識にしばられているからです。

 

 

 

人間は理性的であるほど、個性が無くなり、

本当の自分から遠ざかっていきます。

 

 

また、世間の常識にまみれていく中で、宇宙軸を忘れ、

流されてしまいがちになります。

 

 

だから、そもそも持っていた自分の軸を再発見し取り戻すことが大切です。

 

 

軸=使命ではありません。

 

 

軸とは、

世間の常識では無く、

宇宙の摂理に沿って本質的に生きていこうとする、

自分なりの価値や判断基準に基づいた生き方です。

 

 

それがしっかり持てるとぶれにくくなります。

段々と本質かそうでないか見分けがついていきます。

 

 

そうして自分の軸で生きていくうちに

自然と使命に到達していきます。

 

05114 

 

 

軸を持てていない状態で、

使命を見つけようと必死に自分探しをしても、

なかなか使命には到達できません。

 

 

引き寄せの法則により、

使命で生きていないという現状の想いが未来に投影し、

使命を遠ざけてしまうからです。

 

 

 

それから、軸を持てていないとブレやすくなります。

 

 

例えば、成功していそうな人がいれば、

話を聞きにいって鵜呑みにして、

その通りに行動してみたりしても、

なかなかうまくいきません。

 

 

次から次へとセミナージプシーになっている人も

よく見かけます。

 

 

ぶれていると、

当たり前の事を当たり前にやっていくことが難しくなってきます。

 

 

当たり前とはどういうことか?・・・

 

誠実だったり、他の人のためにという思いだったり、

約束を守るとか、ごくごく基本的なことです。

 

 

最近FBなどで、仲間を作って、仲間通しで、

「いいね」をしあったり、「褒めあったりしている行為」はどうでしょうか?

 

 

「いいね」をしあって数を増やす行為は人為的な操作が入っています。

 

 

見せかけの数を増やすのは、誠実ではありません。

 

 

褒めあう、前向きな発言をしあう行為は一見正しそうに見えますが、

本当に前向きな心の状態で無いならば、引き寄せの法則により、

心はずっと後ろ向きの状態のままです。

 

 

それよりは、

たとえ「いいね」の数が少なくとも、

仲間同志で群れたり、操作したりすることなく、

自分なりの価値や判断基準に基づいて発信や行動をしていく方が、

自分に対しても、そして世界に対しても、誠実な行為ではないでしょうか? 

 

 

そしてそういう方がはるかに意味のあることなのです。

 

 

軸を持つという事と、プラスして、

今ここにある幸せに気づけるということが大事なのです。

 

 

では、

どうしたら軸を持てるのでしょうか?

幸せになれるのでしょうか?

 

 

スティーブジョブスやイチロー、松下幸之助など、

使命で生きていた人たちは、

意識するまでも無く自然と軸を持っていました。

 

 

使命や軸で生きているので、

おそらく幸せな感覚でいただろうと思われます。

 

 

 

普通の人でも、

自力で頑張ることを徹底的にやっているうちに、

軸を持つことはできます。

 

 

しかし軸を持てても、

幸せな人とそうでない人が存在します。

 

 

軸を取り戻し、幸せであるという感覚を得るには、

世間の常識では無く、宇宙の摂理で生きていくと決めることです。

 

そして見失ってしまった個性を取り戻し、あるがままでいることです。

 

 

そのままの自分にOKをだし、もう十分足りていると感じることです。 

 

 0429

 

 

「金持ちになった。成功した。」それだけでは、幸せにはなれません。

 

幸せは未来に求めるのでは無く、今ここにある幸せを感じるだけでいいのです。

 

普通の人でも、軸を持つことはでき、

幸せであるという感覚に気づくことはできるのです。

 

 

【 優しい悟り】とは、

自分の本質に気づき、本来の自分そのものに戻ること。

 

軸を再発見し取り戻し、ぶれなくなる。

エゴが少なくなり、思考に支配されていない状態。

 

自分にも他人に優しい。

幸せであるという感覚に気づき、幸せを実感できている状態のことです。

 

 

そうなると

自然とプラス思考でいられるようになります。

そして、宇宙(自然)の摂理と繋がって、

宇宙に応援された状態でいつの間にか、使命に行き着くのです。

 

 

 

宇宙の摂理とは、例えば、何かが起きたとして、

それもこれも、大いなる存在が完璧に正しく起こしてくれているということです。

 

 

だから何が起きてもあなたは悩む必要は無いのです。

問題は生まれては消えていくものなのです。

 

 

宇宙と繋がるというと怪しく感じる人もいるかと思いますが、

むしろそちらの方が自然です。

 

人間は本来宇宙の中の一部なのです。

 

松下幸之助も「宇宙と繋がった生き方、経営をしていく」と語っています。

 

 

優しい悟り、軸をもつためには、

感性、感覚を大切にしていく。磨いていく。

 

 

心地よさ、静けさを味わう。

幸せや達成感は、今すでにあるということに気づいている。

 

 

もう十分、足るを知るということ。

そのままの自分にOKをしてあげることです。

そうすると自然とプラス思考へ変化していきます。

プラス思考でいられると、よりプラスの状態を引き寄せてきます。

 

 

 

瞑想など、日々心地良いことを

自分への投資だと思って継続していってみてください。

 

思考に支配されているなと感じたら、思考をただ観ていく。

そして内なる本当の自分とつながっていく・・。

 

そういったことを意識して実践してみてください。

 

 

※次回から「優しい悟りにいたるための問い気づき講座」はリニューアルします。

ベースは変えませんが、新たに軸の再発見の仕方を伝えていきます。

 

 

次回「優しい悟りにいたるための問い気づき講座」は、

6/4(日)江ノ島です。受付を開始いたします。

ご縁ある方、お待ちしています。

 

  

それでは今日はこのへんで

お読みくださってありがとうございます。

 

冨永ひろし

 

 

株式会社パーソナルクレド舎の主催している

その他の講座はこちらをどうぞ。

http://www.jibunnoshinwa.com/?page_id=2302

 

 

●メールマガジン 優しい悟りにいたるための「問い気づき」

優しい悟りにいたるための「問い気づき」 無料メールマガジン

メールアドレス  お名前(姓名)  

 

※PCやスマホ対応のアドレスでの登録をお勧めします。

携帯アドレスでの登録も可能ですが、空メールや、文章が途中で切れてしまう可能性があります。その場合の個別の再送や対応は原則しておりません。

※携帯メールでの受付を拒否設定をされていらっしゃる方は、personlcredo.com  の拒否設定を解除いただいた上でご登録ください。

※Yahoo Hotmail などをご使用の場合、迷惑メールとしてホルダーに入る前に削除されてしまう可能性があります。