株式会社パーソナルクレド舎

天から与えられた使命を生きる。

本質的に生き、本当の意味の幸せや豊かさを手に入れるには
(2019/2/6)

こんにちは冨永ひろしです。

 

少し時間があきましたが、みなさまお元気でしょうか。

 

本題に入りたいと思います。

人は、本質的に生きること、幸せになるために生まれてきているのです。

 

IMG_1060

 

しかし、いつの間にか世間の常識に縛られて生きてしまっています。

それらに囚われると、欲求を実現しようというエゴがはたらき不安は止みません。

 

「幸福と不幸」「順調と困難」「成功と失敗」「勝ちと負け」「達成と挫折」「獲得と喪失」・・・・

人は「健康や安全と病気や事故」と良い事と悪い事に分けて、良い事だけが起こることを願いがちですが、そうなると中々願いがかなわないと苦しくなるのです。

 

良いことと悪いことに分けて、どちらに当てはまるか判断することによって、苦しみ(怒り、憎しみ、悲しみ、嘆き、後悔、自責、不安、恐怖)は無くならないのです。

 

本質的に生きて、幸せになるために、大切なことが四つあります。

 

一つ目は、二元的なモノの見方を辞めること・・

つまり上記のように、物事を分けて、自分はどちらに当てはまるかと判断したりすることを終わりにすることです。

例えば、今お金が無いから不幸だと思っていたとします。

しかしその人の捉え方次第で、お金が無くても幸せだと感じることもできるのです。

幸せと不幸の両方あるからこそ、実は幸せを実感することができるのですから。

しかしだからと言って、今自分が幸せかどうかを、線引きしてジャッジする必要はありません。それをするから目の前の幸せが遠ざかってしまうのです。

ただ今ここにある幸せを実感すればいいのです。

 

二つ目は、すべてがひとつ、全体に繋がっているのだという感覚を持つことです。

自分と他人、物、動物、植物、自然、地球など、この世界にあるものは、名前がつかなかったら、実は意識の観点ではみんな同じなのです。

意識が無かったら何も存在しない。

意識があるから、この状況が分かり認識できるのです。

 

13179033_1073862639341466_8268859422472824818_n

 

意識が想像していて、その中にすべてがあるのです。

あるがままの光景が写り、それを観ているのです。

目に写っているあらゆるものすべてが、神であり仏なのです。

自分自身そのものが宇宙なのです。(自分自身=宇宙)

自分も他者も自然も神様も宇宙もすべてがひとつで繋がっているのです。

 

三つ目は、起きているすべてのことは、神や宇宙などの大いなる存在が、完璧に正しく表現しているということを理解することです。

起きたことしか起こらないのです。

 

だから、起きたことを、受け入れるか、受け入れないかだけなのです。

悪いと思える事も、意味がある事で、良い事と思えるかどうかです。

肯定的に意味をとらえる解釈力が求められます。

 

悪い事が起きて、苦しいと感じていると、苦しい状況を引き寄せてしまいます。

逆に、起こる事を「悪い」とジャッジせずに、受け入れる。

意味があって、ありがたいなと解釈していくと、より良い状況を引き寄せることができます。

 

例えば、何か問題が発生したとしたら、それは、「本来の道からずれてしまっているよ」と、

あなたに気づかせようとして、正しく問題を発生させてくれているのです。

 

問題が今何をすべきかを教えてくれているのです。

問題は人を成長さるために与えてくれた試練なのです。

答えを引っ張り出すために、問題がでてきているのです。

だから問題がでてきたら何か気づかせてくれようとしているのだととらえ、淡々と取り組んでいけばいいのです。

そして問題には必ず答えがあるのです。

だから乗り越えることができるのです。

そして問題は永遠に続くものではありません。必ずいつかは消えていくものなのです。

 

四つ目は、自然なプラス思考になることです。

宇宙の法則では、マイナスの想念が大きければ、よりマイナスの状態を引き寄せ、プラスの想念が大きければ、よりプラスの状態を引き寄せます。

だからといって、無理やりプラス思考になろうと努力しても本当の意味でのプラス思考にはなれません。

なぜかというと「プラス思考になりたい」と無理やり努力すること自体が、今プラス思考では無い状態を創造する行為、だから結局はさらなるマイナスの状態を引き寄せてしまうのです。

幸せを装ってみたり、見かけ上幸せそうな人もたくさんいますが、本当の幸せを実感している人たちは、謙虚で、感謝の気持ちであふれています。

自然なプラス思考を備えています。

 

ではどうやったら自然なプラス思考になれるのでしょう?

それは、内側に無尽蔵にある豊かさや幸せな感覚をどんどん味わっていくこと。頭に言い聞かせるのではなく感じていくのです。味わうほど「ありがたいなー。今のままで十分だな」と思えてきます。それで自然な感じでプラス思考へと変化していくのです。

 

人間は幸せになるために生まれてきている。

だから本来幸せであるということが基本なのです。

あなたは、幸せを未来や外に求めることもできるし、今自分の中に無尽蔵にある幸せを味わうこともできるのです。

どちらか選択できるのです。

ファイル 2017-08-30 10 34 09

 

 

選択するにあたり、ひとつヒントとして、成功して、金持ちになって、幸せになりたい。

これは幸せを未来や外に求めているということです。

今は幸せでは無いと感じている状態なので、幸せでは無い状況を引き寄せてしまいます。

何かを得て幸せになろうとすることは大変な努力が必要です。

また例え金持ちになったとしてももっと欲しいとなります。

幸せを未来や外に求めていると、中々得られないものなのです。

 

「宝くじで一億円が当たった」とします。これは誰でも嬉しいですよね。

嬉しいのは1億円を得た時の安心感や満足した感覚を味わっているのです。

お金を得て、不安だ、不満だ、嬉しくないとしたら、誰も1億円を欲しがらないでしょう。

でも、だからといってそこで感じる安心感、満足感は一億円を手に入れなければ得られないものなのでしょうか?

そんなことはないのです。お金のあるなしと、安心感や満足や嬉しさは別。その感覚は実は自分の内側に既に存在していて、自分がそこに意識を向けさえすればいつでも味わうことはできるのです。

 

そして、その感覚を味わえば味わうほど、その感覚は増し、結果としてそのあなたに必要なものはお金でも何でも自然に引き寄せることができるのです。

 

今ここにある幸せを味わうことを、日々どう実感していくか?

まずは、瞑想をしたり、散歩をしたり、自然に触れたり、静かな心地いい状態をつくりだすことです。仕事中であれば、一人でお茶を飲むのもいいと思います。一人で静かな時間を持ってみてください。

瞑想をしてゆったり呼吸をしていると思考がおさまり、感性が働いてきます。

瞑想というと難しく考えるかもしれませんが、瞑想状態になることはお茶を飲みながらもできます。

お茶を味わい、目をつぶり、ゆったり呼吸をしてみてください。

その上で、自分自身の中に既にある、幸せな感覚を味わってみてください。

例えば、豊かさを想像してみたり、思い浮かべていくのです。無尽蔵にある幸せを感じていくのです。

 

今ここにある幸せを感じていくということは、大いなる存在に応援されて生きていくことにも繋がっていきます。

======================

次回の「優しい悟りにいたるための問い気づき講座」は、

4月7日(日)10:00〜17:00 江ノ島

http://www.jibunnoshinwa.com/?page_id=5331

です。

======================

 

ご縁のある方、お待ちしています。

 

それでは今日はこのへんで。

お読みくださってありがとうございます。

 

冨永ひろし

株式会社パーソナルクレド舎の主催している

その他の講座はこちらをどうぞ。

http://www.jibunnoshinwa.com/?page_id=2302

======================

 

メルマガバックナンバーはこちら

http://www.jibunnoshinwa.com/?cat=216